おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】インドのトマトスープ(辛くないやつ)

スパイシーだけど辛くないトマトスープを紹介します。

 

何を言ってるか分からないと思いますが、とりあえず読んでください。

 

この記事は

The Food of India by Carol Selva Rajah & Priya Wickramasinghe

Published by Om books International, New Delhi, India

を参考にしてお送りします。

 

  • このブログでの呼び名:インドのトマトスープ(辛くないやつ)
  • 「The Food of India」での呼び名:Tamatar Shorba
  • スパイシーと言ってもあまり辛くない
  • むしろ甘い香りのスパイスとトマトの酸味が利いている
  • またも「チキンストック」が登場する

 

料理名からしベジタリアン料理なのに、チキンストックを使用。インド料理マニアの間でかなり物議を醸しそうなメニューです。

 

でも、作ります。

 

材料(2~3食分)

f:id:Curry-Enghi:20181029212208j:plain

 

【スパイス以外の材料】

  • トマト450g、中2個(みじん切り)
  • 油大さじ2
  • タマネギ120g、中1/2個(みじん切り)
  • 砂糖小さじ1
  • 塩小さじ1
  • チキンストック200cc(チキンコンソメの素半かけをお湯200ccで溶く)

【ホールスパイス】

  • シナモン1cm×5cm
  • ブラックペッパー12粒
  • ベイリーフ、中くらいを3枚

【パウダースパイス】

 

スパイスの使用量に少し怯みます。

 

作り方

  1. 鍋に油とホールスパイスを入れて中火で加熱する。シナモンの香りが立ってくるまで。
  2. タマネギを加えて炒める。できるだけ強めの火で少しだけ色がつくまで。

    f:id:Curry-Enghi:20181029212950j:plain

  3. 弱火にしてパウダースパイス、塩、砂糖を加える。弱中火で1分炒める。
  4. トマトを加える。木ベラなどで適当につぶしつつ中火で3分程度炒める。
  5. チキンストックを加える。沸騰したら弱火で30分煮る。
  6. 網ざるなどで濾す。
  7. お好みで香菜(分量外)を刻んでふる。
  8. 飲む。

 

見た目に反して甘味というか甘い香りが強いです。

f:id:Curry-Enghi:20181029214634j:plain

 

注意点

  • 注意点らしいものは特にありません。
  • 油をやや多めに使うレシピです(レシピ本の写真でも油が浮いている、笑)。気になる方は大さじ1にしましょう。ただし、油を減らすとタマネギが焦げやすくなるので注意。
  • 材料の多さに対してできる量が少ない。財布に厳しい。トマトは結構高いですし...。

 

日本の食材を使うにあたって考えたこと

  •  いつものようにタマネギの量。もとのレシピ本ではタマネギ1個となっています。インドのレシピで作るときは、タマネギの個数を半分にすると概ねハズれないように思います。例えば、インドのレシピで「1 onion」となっていたら、日本のタマネギ1/2個。
  • トマトの量。日本のトマトは味が弱いことを考慮して、少し増やしています(400g→450g)。
  • チキンストックの量。トマトの水分が多いことを考慮して、お湯を少し減らしています(250cc→200cc)。

 

まあまあ作りやすい部類の料理です。

財布には厳しいけど。

 

では、また書きます。

似たような作り方のスープ系レシピはこちら。3つとも見た目が同じというのが笑えます。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

 

インド料理としては「邪道」と言われそうなチキンストックが登場するレシピはこちら。

curry-enghi.hatenablog.com