おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

【インド料理レシピ】ジャガイモとなばなのスパイス炒め ~ 芋&葉野菜は定番ですな

ジャガイモとなばなのスパイス炒めを紹介します。

 

ジャガイモと葉野菜の組み合わせは、インド料理ではわりと定番です。

 

今回は、なばなを使用します。あと、入手しやすくて手堅く作れるところではホウレンソウ。まだ試していませんが、春菊でもイケるのではないかと予想します。

 

ちなみに、参考にした元のレシピではメティ・リーフ(フェヌグリークの葉)が使用されています。

 

この記事は

The Food of India by Carol Selva Rajah & Priya Wickramasinghe

Published by Om books International, New Delhi, India

を参考にしてお送りします。 

 

材料

f:id:Curry-Enghi:20190126205318j:plain
f:id:Curry-Enghi:20190126205416j:plain

 

【材料】

  • ジャガイモ(皮をむいて1.5cm角に切る)650g、大きめ3個
  • 油大さじ4
  • 青唐辛子1本(種を取り除いて細かく刻む)(なければ、ししとう
  • 塩小さじ3/4
  • なばな100g(ざく切り)(一般的なスーパーで売られている半袋)
  • ギー大さじ1(なければバター)(省略しても問題なし)

【以下をフードプロセッサーで細かめのみじん切りくらいにする】

  • タマネギ200g、中1個(粗みじん切り)(フープロがなければ、みじん切りにして使用)
  • にんにく大きめ1かけ(粗みじん切り)(フープロがなければ、みじん切り)
  • しょうが(にんにくと同量、粗みじん切り)(フープロがなければ、みじん切り)

【パウダースパイス】

 

作り方

  1. 広めの鍋に油を熱し、タマネギ、にんにく、しょうがを加える。強めの火で少し色づく程度に炒める。

    f:id:Curry-Enghi:20190126210631j:plain

  2. 弱火にして、青唐辛子を加えてまぜる。
  3. パウダースパイスと塩を加える。弱中火で常にかきまぜながら1分炒める。
  4. ジャガイモを加えてまぜる。タマネギ、スパイスペーストがジャガイモにねっちょりと絡みつく感じになる。水大さじ2を加える。蓋をして弱中火で炒める。ジャガイモの角がとれて、少し崩れ始めるくらいまで。焦げ付きそうなら、適宜水少量を足す。
  5. なばなを加えてまぜる。蓋をして5分程度炒める。
  6. ギーをかけてまぜる。
  7. 食べる。

 

チャパティなどのパン類とともに食べたいところですが、ライスでもOK。

f:id:Curry-Enghi:20190126211346j:plain

 

注意点

  • 炒めるときに水を入れすぎないこと。最低限、焦げ付かないようにする程度。
  • ジャガイモをどこまで崩すかはお好みで。筆者は形が崩れかけていて、ネットリ食感(ホクホクを通り越している)まで炒めました。

 

食材について

  • 里芋やサツマイモでも問題なく作れると思います。長芋は多分微妙。
  • ホウレンソウでもおいしく作れます。春菊でもイケそうですが、未検証。

 

ダールスープなんかと合わせると、しみじみおいしい日常食になります。

では、また書きます。

 

curry-enghi.hatenablog.com