おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】れんこんのポリヤル ~ 南インドの野菜炒め

南インドの野菜炒め「ポリヤル」を紹介します。

 

簡単に特徴を説明します。

  • 南インド式野菜炒め
  • 葉っぱものから根菜まで、いろいろな野菜で作る
  • スパイスの使用量は多くない
  • マスタード、ウラドダール(乾燥豆)、カレーリーフ...など香ばしさを重ねていくイメージ

 

今回はれんこんを使用します。

カレーの副菜としてだけでなく、酒のつまみにもおすすめです。

 

では、作ります。

 

材料

f:id:Curry-Enghi:20180903222316j:plain

 

半ば強引に一枚の写真に収めました。

 

【スパイス以外の材料】

  • れんこん400g(厚さ5mm、いちょう切り)
  • サラダ油大さじ2
  • 塩小さじ1/3
  • ココナッツファイン大さじ1と1/2

【ホールスパイス、今回はカレーリーフ含む】

  • マスタード小さじ1/2
  • クミン小さじ1/2
  • ウラドダール小さじ1/2(なければ省略)
  • タカノツメ1本
  • カレーリーフ10枚くらい(なければ省略)

【パウダースパイス】

 

作り方

  1. 広めの鍋に油とマスタードを入れて中火で加熱する。マスタードが弾け始めたら、他のホールスパイスを加える。鍋を揺すりつつ、ウラドダールがキツネ色になるまで。
  2. れんこんを加えてまぜる。
  3. 弱火にして、パウダースパイスと塩を加えてまぜる。
  4. 蓋をして中火で炒める。たまにかきまぜつつ、れんこんに焼き目を付けるようなイメージで。
  5. お好みの加減まで炒めたら火を止め、ココナッツファインを加えてまぜる。
  6. 食べる。

 

f:id:Curry-Enghi:20180903223610j:plain

 

注意点

  • ホールスパイスを時間差で加えるという手もあります。マスタード→弾け始めたらクミンとタカノツメ→ウラドダール→ウラドダールが適度に色づいたらカレーリーフ
  • とはいえ、難しく考えずに適当にやりましょう。
  • れんこんに焼き目を付けたいので、炒めるときに常にかきまぜないようにします。
  • とはいえ、炒め加減も好みの問題です。炒め時間によって、シャキシャキ、ムチムチ、ホッコリ、と食感が変化します。何を言ってるか分からないかもしれませんが、筆者はムチムチにしておきました。
  • おつまみとして作るときは、塩を少し増やしたほうがいいかもしれません。「かもしれません」というのは、筆者は酒を呑まないので、そのへんの塩梅が分かりません。酒呑みさんは各自で判断してください。

 

食材について

  • ウラドダール→インドでよく食べられている豆の一種。油に入れると香ばしい香りが出ます。皮付き、皮なしなどいろいろなタイプが売られていますが、このレシピで使うのは「皮なし、半割り(写真)」です。

    f:id:Curry-Enghi:20180903224626j:plain

  • 一般のスーパーで入手しづらい食材はおそらく、ウラドダール、カレーリーフだと思います(「思います」というか、ほぼ確実に置いてない)。この手の炒め物はいろいろとバリエーションがあり、特に正解があるわけでもありませんので、入手できなければ省略して構いません。
  • 同様の理由により、コリアンダー、ココナッツファインも省略できます。シンプルなのもアリだし、それはそれでウマイです。

 

これまた、おつまみになりそうなメニューです。

 

では、また書きます。

他の副菜系、おつまみ系の料理はこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com