おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

【インド料理レシピ】カボチャのパチャディ

ヨーグルトとココナッツで作る南インドベジタリアン料理、「パチャディ」を紹介します。

 

このブログでパチャディを紹介するのはまだ2回目です。わりと定番メニューなのですが、筆者があまり好きではないから、というのもありまして...。

 

ということで、今回は徹底的に自分の好みに合わせてみました。

 

全体的に刺激少なめにしてあります。

 

では、作ります。

 

材料(副菜として4食分)

f:id:Curry-Enghi:20190415214904j:plain
f:id:Curry-Enghi:20190415214930j:plain


【材料1】

  • カボチャ250g(可食部)(ところどころ皮をむき、2cm角に切る)
  • しょうが(みじん切り)小さじ1
  • 青唐辛子1本(種を取り除いて、みじん切り)
  • 水50cc
  • 塩小さじ1/2
  • レモン汁大さじ1

【ココナッツペースト用材料、以下をミキサーでペーストにする】

  • ココナッツファイン170cc
  • ココナッツパウダー30cc(なければ省略し、ココナッツファインを200ccに)
  • ヨーグルト200cc
  • マスタードシード小さじ1/2(ミルなどで挽いておく)

テンパリング用材料】

 

作り方

  1. 広めの鍋にカボチャ、しょうが、青唐辛子、水を入れ、蓋をして中火→弱火でカボチャが柔らかくなるまで加熱する。焦げ付きそうなら、適宜水を足す。入れすぎ注意。
  2. 火を止めて、カボチャを粗くつぶす。完全にペースト状にせず、ところどころ食感を残す。

    f:id:Curry-Enghi:20190415215143j:plain

  3. ココナッツペースト、塩、レモン汁を加えてまぜる。
  4. テンパリングをする。フライパンにココナッツオイル、マスタードシード、タカノツメを入れて、中火で加熱する。マスタードが弾け始めたら、カレーリーフを加えて10秒くらいフライパンを揺すり、香りを移す。油ごとカボチャの鍋に加える。

    f:id:Curry-Enghi:20190415215325j:plain

  5. 食べる。

 

ココナッツの甘味、ヨーグルトとレモンの酸味、テンパリングの香ばしさが合わさった出来上がりになります。

f:id:Curry-Enghi:20190415215551j:plain

 

注意点

  • カボチャを煮るときに水を入れすぎないこと。足りないときも様子を見つつ、チマチマ入れましょう。最終的に鍋底に水が残っている必要はありません。
  • レモン汁の量はお好みで調整して構いませんが、ある程度酸味が利いていないとおいしくなりません。

 

食材について

  • カボチャを使うのが一般的かは分かりません。パチャディの定番というと、パイナップルやオクラでしょうか。
  • ココナッツパウダー→本来はココナッツミルクを作るためのパウダーです。
  • 別バージョンとして、サワークリームを加えるという手もあります。その場合、ペーストを作る際のヨーグルトを150ccに減らし、サワークリームを50cc加えます。数年前にインドで食べたサワーテイストのカボチャ料理(下の写真のヤツ)をイメージしたもの。これはこれでイケる。

    f:id:Curry-Enghi:20180829224648j:plain

  • インドのヨーグルトを家庭で作れる種菌が売られています。こちらの種菌から作ったヨーグルトを使用しました。市販のものより断然おいしくておすすめです。通販サイトのリンクを下に貼っておきました。

 

では、また書きます。

関連記事、副菜系レシピはこちら。

dahiyogurt.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com