おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】ケララ風エビのスパイス炒め

南インドケララ州のドライなエビの炒め物を紹介します。

 

料理の特徴を簡単に説明します。

  • ココナッツオイル、カレーリーフ、コカムKokumの香り
  • スパイスの使い方はかなりシンプル
  • 塩をしっかりきかせる
  • おつまみに良さそう
  • もとの名前はPrawn Ularthu

 

では、作ります。

 

材料(3食分)

f:id:Curry-Enghi:20190909191517j:plain
f:id:Curry-Enghi:20190909191535j:plain

 

【以下をマリネして1時間置く】

  • エビ30尾
  • にんにく1かけ(やや細かめにつぶす)
  • しょうが(にんにくと同量。やや細かめにつぶす)
  • 青唐辛子2本(つぶす)(ししとう、適当な大きさにカットしたピーマンでも)
  • カレーリーフ10枚くらい
  • コカム Kokum 2個

【その他の材料】

  • ココナッツオイル大さじ3+大さじ1(なければサラダ油)
  • タマネギ150g、中3/4個(繊維を断ち切る方向にスライス)
  • 塩小さじ1/2+小さじ1/4
  • ターメリック小さじ1/2
  • ブラックペッパーパウダー小さじ1

にんにく、しょうが、青唐辛子のつぶし加減は写真参照(これは別の料理を作ったときの写真なので、分量は少し違います)。みじん切りでも可。

f:id:Curry-Enghi:20190909192654j:plain

 

作り方

  1. 広めの鍋にココナッツオイル大さじ3を熱し、タマネギと塩小さじ1/2を加える。強めの中火で炒める。
  2. タマネギが色づき始めたら、ターメリックとブラックペッパーを加えて、さらに炒める。タマネギが7割程度色づいたら(写真参照)、器に移して置いておく。

    f:id:Curry-Enghi:20190909193446j:plain

  3. 同じ鍋にココナッツオイル大さじ1を足して加熱する。エビ(マリネごと)と塩小さじ1/4を加える。中火でかきまぜながら炒める。水分をしっかり飛ばす。

    f:id:Curry-Enghi:20190909193724j:plain

  4. タマネギを戻してまぜる。中火でかきまぜながら炒める。水分をしっかり飛ばせたらできあがり。

    f:id:Curry-Enghi:20190909193941j:plain

  5. お好みで刻んだ香菜(分量外)をちらす。
  6. 食べる。

 

ショッパめ、ドライな仕上がりになります。

f:id:Curry-Enghi:20190909194050j:plain

 

注意点

  • エビよりはタマネギに塩味をつけます。ショッパめに。
  • エビを加えた後の工程で、水分をしっかり飛ばすこと。エビが硬くなるのを怖がって炒め時間を減らすと、水分を飛ばしきれずにベチャついた仕上がりになりやすいです。食感よりは水分を飛ばすことを重視します。

 

食材について

  • コカム Kokum→筆者も詳しくは知りませんが、ガルシニア・インディカの皮を乾燥させたもの?かな(笑)。スリランカ料理で使用される「ゴラカ」でも代用が効くのかもしれませんが、未検証。
  • タマネギ→本来はエシャロット Shallotという小タマネギを使います。
  • ペッパー→ケララ州マラバール地方原産。ケララ料理でよく使用されるスパイスのひとつ。
  • スパイスの使い方がシンプルではありますが、ペッパーでしっかりとパンチをきかせる、というのがいかにもケララっぽい。

 

では、また書きます。

ケララのシーフード料理はこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com