おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【ケララ料理レシピ】濃厚ココナッツテイスト!エビのマサラ

ケララにはおいしいエビ料理がたくさんあります。

 

今回はグレービー(カレーソースのこと)を濃厚に仕上げるマサラタイプのカレーを紹介します。

 

書いていて自分でも訳が分からなくなってきました。

マサラっていうのは、カレーの濃いヤツです。

だから、「エビのマサラ」。

f:id:Curry-Enghi:20180601194618j:plain

 

では、作り方を紹介します。

材料

f:id:Curry-Enghi:20180601195439j:plain

 

【スパイス以外の材料】

  • エビ18~20尾(潰したしょうが少々でマリネ)
  • エシャロット100g(スライス)(なければタマネギで)
  • 青唐辛子1本(縦に割る)(なければ、ししとう小口切り)
  • ココナッツオイル大さじ2(なければサラダ油で)
  • カレーリーフ10枚くらい
  • にんにく小さじ2(すりおろし)
  • しょうが小さじ1(すりおろし)
  • Kokum 2個(なければレモン汁で、というか普通はないだろ)
  • 塩小さじ1
  • ココナッツミルク70cc

【ホールスパイス】

  • フェヌグリーク(メティ)小さじ1/2

【パウダースパイス】

  • ターメリック小さじ1/4
  • カシミリチリ小さじ2(なければカイエンペッパー小さじ1/2)
  • クミン小さじ1

 

作り方

  1. 鍋にココナッツオイル、フェヌグリークを加えて中火で加熱する。フェヌグリークの色が茶色になり始めるくらい。
  2. エシャロット、カレーリーフ、青唐辛子を加えて強火で炒める。常にかきまぜない。広げて焼く→まぜる→広げて焼く...というイメージで徐々に火を弱めていく。写真くらいの状態になったら、小皿などにエシャロットを半分取り出して置いておく。

    f:id:Curry-Enghi:20180601201408j:plain

  3. 弱火にして、にんにく、しょうが、パウダースパイスを加える。弱中火で2分くらい炒める。
  4. エビを加えてまぜる。水が足りないようなら少しだけ足す。
  5. Kokumと塩を加え、フタをしてエビに火を通す。余熱まで利用して、加熱時間は最小限に。
  6. ココナッツミルクを加える。
  7. 置いてあったエシャロットの半量を加えて完成。
  8. 食べる。

 

注意点

  • フェヌグリークは焦げやすいので、加熱しすぎないように。
  • 完成時に鍋の中にある「水分=カレーソース」にあたるのは、「作り方4」で加えた水、エビから出た水分、ココナッツミルクの合計量になります。出来上がりの水分量をイメージしつつ、鍋に入れる水の量を調整します。とにかく水の入れすぎは厳禁。
  • インドカレー全般に言えますが、時間を置くと水分量が減ってカレーが濃くなります。そういうときは水を少しだけ加えて再加熱すれば、元の濃度に戻ります。すぐに食べないなら、わざとゆるめに仕上げるのもアリ。

 

食材について

  • エシャロット→根らっきょうではない(要注意!)。ケララで頻繁に使われているShallot(小さいタマネギのような野菜)のこと

    f:id:Curry-Enghi:20180601204044j:plain今回はベルギーエシャロットを使用しました。タマネギよりはかなりShallot に近いです。なければタマネギでOK。

  • Kokum→コカム。ガルシニアという植物の実の皮を乾燥させたもの。酸味付けに使われる。食材として検索するなら「ゴラカ」。レモン汁でも十分です。
  • カシミリチリ→赤色が鮮やかであまり辛くない唐辛子。インド食材店へ行くと置いてることがある。なければ、カイエンペッパー(唐辛子の粉)。

 

筆者の反省点

  • ケララで食べたものはかなり味がしっかりしていましたが、やや味が弱くなってしまいました。ココナッツオイル大さじ3、エシャロット150gにするか?
  • エシャロットの切り方は「千切りか?」というくらいに細くしたほうがいいと思います。

 

では、また書きます。

この料理が登場する記事はこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

ケララ風エビカレーのレシピはこちら。

curry-enghi.hatenablog.com