おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【ケララ料理レシピ】エビのココナッツカレー ~ マッパスというご当地メニュー

このブログでもすでに何度か紹介している南インドケララ州のご当地カレー、マッパス Mappas。

 

もう一度筆者が経験した範囲でマッパスの特徴を挙げておきます。

  • スパイス使いがシンプルなものが多い
  • コリアンダーの使用量が多め
  • なので、ベースになるのはコリアンダーの香り
  • ココナッツミルクで仕上げる

 

今回はエビを使ったマッパスを紹介します。

シーフードカレー全般に言えることかもしれませんが、肉カレーよりも使用するスパイスの量が少なめになっています。

 

材料

f:id:Curry-Enghi:20180623163623j:plain

 

エビとココナッツミルクの写真を撮るのを忘れています。

最近、撮り忘れが多いですね。

たるんでるんでしょうね。

 

【スパイス以外の材料】

  • エビ20尾
  • ココナッツオイル大さじ2(なければサラダ油で)
  • にんにく1かけ(やや細かめにつぶす)
  • しょうが1かけ(やや細かめにつぶす)
  • 青唐辛子2本(縦半分に割ってから種を取り除き、細かく刻む)(ししとうで代用可)
  • カレーリーフ5枚+5枚
  • タマネギ150g(縦半分に割ってから更に縦に3等分し、繊維を断ち切る方向にスライス)
  • 塩小さじ1と1/4
  • ココナッツミルク100cc

【ホールスパイス】

  • メティシード(フェヌグリーク)小さじ1/2
  • ブラックペッパー小さじ1/2(粗く砕いておく)

【パウダースパイス】

 

作り方

  1. 鍋にココナッツオイル、メティシードを入れて中火で加熱。茶色が濃くなるまで。
  2. 弱火にして、にんにく、しょうが、青唐辛子、カレーリーフ5枚を加え、軽くまぜる。
  3. タマネギを加えて炒める。できるだけ強めの火で、これくらいまで。

    f:id:Curry-Enghi:20180623165349j:plain

  4. 弱火にしてパウダースパイスと塩を加える。弱中火で常にかきまぜつつ、2分くらい炒める。
  5. エビを加えてまぜる。水30ccを加え、蓋をしてエビに火が通るまで炒め煮。余熱まで利用して加熱時間は最小限に。
  6. カレーリーフ5枚とブラックペッパーを加えてまぜる。
  7. 火を止めてココナッツミルクを加える。
  8. 食べる。

f:id:Curry-Enghi:20180623170202j:plain

 

注意点

  • メティ(フェヌグリーク)は加熱しすぎると苦くなります。どこまで加熱するかいまだに疑問なのですが、自分でやるときはミルクチョコレートくらいの色にしています。
  • 仕上がりはやや濃いめの濃度を目指します。エビを加熱するときに水を加えすぎないように注意。やや少なめに入れておいて、足りないようなら後から足すのが無難です。

 

食材について

  • エビ→ブラックタイガーなど、味のしっかりしたものがおすすめです。と言いつつ、今回使用したのは足赤エビというやつ。悪くないけど、もうひとつでした。
  • にんにく、しょうが→クラッシュしたほうが香りが立ちやすいように思いますが、みじん切りや千切りでもOK。
  • ココナッツミルク→ココナッツパウダーを使うときは、パウダー75ccをぬるま湯50ccで溶く。
  • たぶんエビを魚にしても作れる。その場合はフィッシュ・マッパスになります。

 

では、また書きます。

以前に紹介したマッパス、及びマッパスっぽい料理はこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com 

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com