おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】チキン・ピックル (鶏肉のスパイスオイル漬け)

鶏肉で作るスパイスオイル漬けを紹介します。

 

できあがった直後はイマイチかと思ったのですが、3日ほど置いておくと意外とおいしくなりました。

 

まだかなり改善の余地はありますが、なんか面白い味だったので書いておきます。レシピというよりは、試作記録程度と思って読んでください。

 

この記事は

The Food of India by Carol Selva Rajah & Priya Wickramasinghe

Published by Om books International, New Delhi, India

を参考にしてお送りします。

 

  • このブログでの呼び名:チキンピックル
  • 「The Food of India」での呼び名:Poussin Pickle(雛鳥のピックル!)
  • マスタードオイルとスパイスで鶏肉を数日間マリネして食べる。
  • 塩味、酸味は控えめ。やや甘い。
  • 酒のつまみにおすすめ

 

では、作ります。

 

材料

f:id:Curry-Enghi:20181106205152j:plain

 

【スパイス以外の材料】

  • 骨なし鶏肉、皮を取り除いて600g(むね肉を使用。やや小さめに切る。親子丼くらい)
  • マスタードオイル140cc(増やしてもよさそう)
  • にんにく大きめ1かけ(やや細かめにつぶす)
  • しょうが1かけ(すりおろし)
  • 塩小さじ2
  • ジャガリー30g(なければブラウンシュガー)
  • 酢140cc(オイルと同じく増やしてもよさそう)

【ホールスパイス】

【パウダースパイス】

 

作り方

  1. 広めの鍋にマスタードオイルを入れて煙が出るまで加熱する。
  2. 少し冷ましてから、にんにくとしょうがを加えてまぜる。
  3. ホールスパイスを加えて中火で加熱する。マスタードが弾け始めたら、弱火にしてパウダースパイスと塩を加える。常にかきまぜつつ1分炒める。
  4. 鶏肉を加えてまぜる。中火→弱中火でときどきかきまぜつつ、蓋をして10分炒める。鶏肉だけ取り出しておく。
  5. 別のフライパンに酢、ジャガリーを入れて中火で加熱する。ジャガリーが完全に溶けて、酢の容量が約1/3になるまで。
  6. 酢をマスタードオイルの鍋に入れてよくまぜる。鶏肉を鍋に戻してまぜる。タッパーなどに入れて冷蔵庫で3日間置いておく。
  7. 3日後、食べる。

 

標準的なピックルよりも酸味、塩味がかなり弱く、かわりに(?)甘い。また違ったおいしさがあります。

f:id:Curry-Enghi:20181106211426j:plain

 

注意点

  • というか、改善点というか、反省点というか、そんな何か。
  • ピックル、ウールガイの類はもっと油にどっぷり浸かっているイメージです。でも、これは液体の容量がさほどでもない。酸味もあまりないし、酢と油はもう少し増やしてもよさそうです。
  • ただ、もとの写真を見るとやはりさほど液体量は多くないので、もともとこういう料理だと言えばそうなんでしょう。
  • 塩味も弱いので、もとのレシピの倍量入れています。それでもさほど強くは感じません。

 

食材について

 

改良後にリライトするかもしれません。

 

では、また書きます。

その他のおつまみ系はこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com