おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】パイナップル・ラッサム

スパイシーなパイナップル味のスープを紹介します。

 

料理の特徴を簡単に説明します。

  • 南インドの酸っぱ辛いスープ「ラッサム」のパイナップル版
  • パイナップルジュースを使用する
  • フルーツ系の酸味
  • ペッパーのパンチのきいた辛味
  • 日本で作るとコストが高いので、おもてなし料理向けかも

 

では、作ります。

 

材料(3食分)

f:id:Curry-Enghi:20190910201408j:plain
f:id:Curry-Enghi:20190910201440j:plain

 

【スパイス以外の材料】

  • パイナップル100g(みじん切り)
  • パイナップル400g(水適量(ミキサーが回る程度)とともにミキサーにかけた後、濾してジュースにする)
  • ココナッツオイル大さじ2(なければサラダ油)
  • カレーリーフ10枚くらい(なければ省略)
  • タマネギ30g、約1/7個(繊維を断ち切る方向にスライス)
  • にんにく(みじん切り)小さじ1
  • しょうが(千切り)小さじ2
  • トマト100g(粗みじん切り)
  • 塩小さじ1
  • 香菜の茎(手でもぎ切る)小さじ2程度
  • 香菜の根(刻む)小さじ1
  • 香菜の葉(刻む)大さじ1

【ホールスパイス】

  • マスタード小さじ1/2
  • クミン小さじ1/2
  • ブラックペッパー小さじ1(粗く砕く)

【パウダースパイス】

 

作り方

  1. 鍋にココナッツオイルを熱し、マスタードとクミンを加える。マスタードが弾け始めたら、弱火にしてカレーリーフを加える。10秒ほど鍋を揺すりつつ香りを立たせる。
  2. タマネギを加えて、強めの中火で透明になるまで炒める。色をつけない。

    f:id:Curry-Enghi:20190910203016j:plain

  3. 弱火にして、にんにく、しょうがを加えてまぜる。
  4. 弱火のままヒング以外のパウダースパイスを加える。常にかきまぜつつ、弱中火で1分炒める。
  5. トマト、塩、香菜の根と茎を加える。適度にトマトをつぶしつつ、3分炒める。トマトの水分を飛ばすことで、鍋の中はドライな状態になる。

    f:id:Curry-Enghi:20190910203427j:plain

  6. ブラックペッパーを加えてまぜる。
  7. パイナップルのみじん切りを加える。強めの中火で炒める。ここでも水分を飛ばす。

    f:id:Curry-Enghi:20190910203612j:plain

  8. 弱火にしてヒングを加える。1分炒める。
  9. パイナップルジュース、香菜の葉を加える。蓋をして沸騰させ、弱火で5分煮る。
  10. 冷めたら濾す。濾さなくてもよい(お好みで)。濾す場合は、よーく濾しましょう。
  11. 飲む。

 

フルーツ系の爽やかな酸味が利いた、スパイシーなスープができます。

f:id:Curry-Enghi:20190910204012j:plain

 

注意点

  • タマネギは透明になる程度に炒めれば十分です。色をつけないこと。
  • パイナップルのみじん切り、トマトを加える工程では、水分を飛ばすことを意識して炒めます。
  • 当たり前ですが、パイナップルジュースを濾すときに出たカスは使わないこと。以前に「もったいないから...」と言って使おうとした人がいたので、念のため。濾す意味がないだろ(笑)。
  • 材料費のわりに出来上がりの量が少ないです。普段使いするよりは、おもてなし料理におすすめ。

 

食材について

  • パイナップル→スーパーで売られているカットパインで十分ですが、熟し方の足りないもののほうがうまくできやすいです。酸味が重要。
  • タマネギ→本来はエシャロット Shallot という小タマネギを使用します。

 

では、また書きます。

関連レシピはこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com