おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】ぽてち・チキンカレー

ポテチを使ったチキンカレーを紹介します。

 

このチキンカレーは一般的なインドカレーと比べると、やや特殊です。大まかな特徴は以下のとおり。

 

  • 炒めない
  • 容量を稼げない(コスパ悪い)
  • おいしい

 

大まかすぎますね。

 

では、作ります。

材料と作り方を工程ごとに分けて書きます。

 

1.鍋にぶちこんで煮る

【スパイス以外の材料】

  • 骨付き鶏肉500g(手羽元を使用)
  • タマネギ100g(繊維を断ち切る方向にスライス)
  • にんにく1かけ(スライス)
  • しょうが1かけ(スライス)
  • 塩小さじ1
  • 酢大さじ1
  • カレーリーフ10枚くらい
  • 水250cc

【ホールスパイス】

  • シナモン1cm×5cm
  • クローブ2本
  • ブラックペッパー小さじ1/2

【パウダースパイス】

  • ターメリック小さじ1/2
  • カシミリチリ小さじ1と1/2(なければ半量のカイエンペッパー)

【作り方】

  1. 材料をすべて鍋に入れて煮る。沸騰するまでは強火、沸騰後は弱中火で20分。
    f:id:Curry-Enghi:20180728190106j:plain
    f:id:Curry-Enghi:20180728190134j:plain
  2. 鶏肉だけ取り出しておく。

 

2.フライドオニオン、ポテチを作る

【材料】

  • タマネギ50g(繊維に沿った方向に薄くスライス)
  • じゃがいも(ポテチ用に気合いの極薄スライス)
  • 揚げ油適量

    f:id:Curry-Enghi:20180728190616j:plain

【作り方】

  1. タマネギを揚げる。できるだけ強火で、タマネギのかさが減ってきたら徐々に火力を下げる。程よく色づいたら、タマネギを引き上げてクッキングペーパーの上に広げて置いておく。

    f:id:Curry-Enghi:20180728190816j:plain

  2. 同じ油でじゃがいもを揚げる。油の温度は180℃。

    f:id:Curry-Enghi:20180728191423j:plain

  3. 同じ油で鶏肉を揚げる。少し色づく程度まで。ピンボケ気味で申し訳ない。

    f:id:Curry-Enghi:20180728191532j:plain

 

3.合わせる

【材料】

  • 小麦粉小さじ1/2

【作り方】

  1. 1で作ったカレーを網ざるなどを使って濾す。具なしになる。

    f:id:Curry-Enghi:20180728191826j:plain

  2. カレーが入っていた鍋に、鶏肉などを揚げるのに使った油大さじ2、小麦粉を加えて、粉っぽさがなくなるようにまぜる。
  3. 濾したカレー汁のみを鍋に戻す(残念ながら、タマネギなどの具材はそのまま処分します)。
  4. 揚げた鶏肉を鍋に入れて、一煮立ちさせる。
  5. フライドオニオン、ポテチをトッピングする。
  6. 食べる。

 

f:id:Curry-Enghi:20180728192234j:plain

 

注意点

  • 当然ですが、じゃがいもをスライスする際はスライサーを使うと便利。筆者は持ってないので、気合いの薄切り。でも、結構パリっと揚がったぞ。
  • このメニューはおそらく、おもてなし用。揚げるのが面倒ですし、材料の使い方も贅沢、容量も少ないです。
  • そのため、普通のカレーの感覚でライスと一緒に盛り付けると、「カレー少なっ!」となり、見た目がとても寂しくなります。
  • 作り方に関しては、あまり気を付けるところはないですね。意外と簡単かも。

 

食材について

  • 特になし!
  • 改めて見直してみると、一般的なスーパーでほぼ材料を揃えることができます。
  • 本当はココナッツオイルで揚げるのですが、日本でそれをやるとコストがとんでもないことになりますので、サラダ油にしておきましょう。

 

むしろ、ポテチ作りにハマりそうです。

ブラックペッパーとかチャットマサラで味付けするとおいしそう。

 

では、また書きます。

濾して作るメニューは他にもあります。

写真が似てますが(笑)、別の料理です。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com