おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【ケララ料理レシピ】夏におすすめ!冷やしておいしい、冬瓜のココナッツミルク煮

南インドケララ州のココナッツミルク煮、オーレン Olan を紹介します。

 

豆や冬瓜を具材とするものが多いようですが、こちらは冬瓜だけで作るタイプ。作り方もシンプルで、冬瓜をココナッツミルクで煮るだけです。

 

冷まして食べてもおいしく、冬瓜には身体を冷やす効果もあるので、夏におすすめのメニューです。

 

材料

  • 冬瓜(可食部)200g(暑さ5mmくらい、カットパイナップルみたいな形に切る)
  • 青唐辛子1本(縦に割って種を取り除く)
  • ココナッツオイル少々(なければ省略)
  • カレーリーフ5枚くらい
  • ココナッツミルク1(ココナッツパウダー150ccをぬるま湯150ccで溶く)
  • ココナッツミルク2(ココナッツパウダー75ccをぬるま湯50ccで溶く)
  • 塩小さじ3/4

 

作り方

  1. 圧力鍋に冬瓜、青唐辛子、ココナッツミルク1を入れて中火で加熱する。2ホイッスル(2回プッシューってなるまで煮る)。圧力鍋を使わない場合は、冬瓜がお好みの柔らかさになるまで煮る。煮る前の状態。ヒタヒタ程度。

    f:id:Curry-Enghi:20180612221703j:plain

  2. 少し冷ましてから圧力鍋の蓋を開ける。おそらく泡泡な状態になっていると思われるが、まぜると元のなめらかな状態に戻る。冬瓜を崩さないように注意。
  3. ココナッツミルク2、ココナッツオイル、カレーリーフを加えて、ひと煮立ちさせる。クツクツなってきたら、すぐに火を止める感じ。
  4. 塩を加えて完成。
  5. 食べる。
  6. 冷まして食べるとおいしい。

f:id:Curry-Enghi:20180612223354j:plain

 

注意点

  1. 特にないと思う。
  2. ないですよね、簡単ですよね。

 

ココナッツミルクについて

  • 本来は生のココナッツから搾ったココナッツミルクを使います。ケララでもココナッツパウダーは売っているのですが、筆者が訪問した家庭でパウダーを使っているのを見たことがありません。
  • ココナッツミルクには一番搾り(1st extraction)と二番搾り(2nd extraction)があり、調理するときには使い分けます。一番搾りは仕上げに、二番搾りは具材を煮るときに使われることが多いです。
  • このレシピの「ココナッツミルク1」が二番搾り、「ココナッツミルク2」が一番搾りに相当します。当然ながら、一番搾りのほうが濃い。
  • ケララの一般家庭で見たココナッツミルクの作り方。ココナッツをナタのようなもので割る→中の白い果肉を削る→削った果肉と水をミキサーにかける→ギューっと搾る(これが一番搾り)→残った果肉と水をミキサーにかける→ギューっと搾る(これが二番搾り)

 

地味ですが、暑がりな筆者としてはおすすめなメニューです。青唐辛子はししとうで、カレーリーフはなければ省略してもいいと思います。

 

では、また書きます。

この料理が登場する記事はこちら。

curry-enghi.hatenablog.com