おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】酒のつまみに! 香ばしいオクラのスパイス炒め

簡単に作れるオクラの炒め物を紹介します。

 

インドでもオクラはメジャーな野菜で、カレーや炒め物に使われているのをよく見かけます。

 

筆者が年1回訪れている南インドケララ州では Vendakka と呼ばれています。Okra オクラという英語で表記されていることも多いです。

 

...Okraって英語なんですね~。

知りませんでした(笑)。

 

今回紹介する料理は、たぶんビールに合います。「たぶん」というのは、筆者が酒を呑まないからです。

 

又聞きと推測でこのブログはできています。

 

材料(副菜として3食分)

f:id:Curry-Enghi:20190729190906j:plain

f:id:Curry-Enghi:20180624184425j:plain 

【スパイス以外の材料】

  • オクラ24本(1cm幅に斜めスライス)
  • ココナッツオイル大さじ1と1/2(なければサラダ油で)
  • カレーリーフ10枚くらい(なければ省略)
  • タマネギ50g、中1/4個(繊維を断ち切る方向にスライス)
  • にんにく1かけ(やや細かめにつぶす)
  • 塩小さじ1/2

【ホールスパイス】

【パウダースパイス】

 

作り方

  1. フライパンにココナッツオイル、ホールスパイスを入れ、中火で加熱する。
  2. マスタードが弾け始めたら、弱火にしてカレーリーフを加え、フライパンを10秒程度揺すって香りを出す。
  3. タマネギを加える。できるだけ強めの火でやや色づくまで炒める(写真参照。光の加減で実際よりも色がやや薄く見えています)。

    f:id:Curry-Enghi:20190729191247j:plain

  4. 弱火にしてオクラを加え、まぜる。
  5. 弱火のままパウダースパイスを加えてまぜる。写真はオクラを炒め始める時点。

    f:id:Curry-Enghi:20190729191510j:plain

  6. 蓋をして中火で炒める。焼き目がついたら、軽くまぜて再度蓋をして炒める。
  7. 塩を加えてまぜる。
  8. 食べる。

 

こんがり焼き目がついて香ばしい仕上がりになります。

f:id:Curry-Enghi:20190729191633j:plain

 

粘りけ撲滅作戦

オクラの粘りけを極力出さずにパラリと仕上げます。

 

ネットで検索してみましたが、「いかに粘りけを出すか」という情報しか出て来ませんでした。日本人は粘りけ好きなんですね...。

 

以下、粘りけを撲滅するための策。

  • オクラを洗った後に、クッキングペーパーなどで丁寧に水気を拭き取る。
  • まな板の上の水分も丁寧に取り除く。
  • オクラを炒めるときにまぜる回数を少なくする。まぜながら炒めない。
  • 弱火でチンタラ炒めない。
  • 塩は最後に加える。塩を加えるとオクラから水分が出やすくなるため、粘りけが出やすい。

 

注意点

  • ややしっかりめに焼き目をつけて、香ばしい仕上がりを目指します。オクラを炒めるときは極力まぜないように。焦がすのを怖がらずに、ガチっと焼き目をつけましょう。
  • でも、焦がさないように。

 

食材について

  • オクラ→このレシピでは斜めにスライスしていますが、垂直に切っても構いません。食感が違ってくるだけなので、お好みで。
  • ココナッツオイル→真夏以外は固まっていることが多いです。その場合は、湯煎してから使います(すぐに溶ける)。

 

とにかく酒に合いそうな料理です。

 

では、また書きます。

その他、おつまみになりそうなメニューはこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com