おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】オクラのヨーグルト・ココナッツサラダ

南インドのヨーグルト・ココナッツサラダ、パチャディ Pachadi を紹介します。

 

簡単に説明すると、

  • 削ったココナッツ、ヨーグルト、マスタードで作ったペーストと
  • 野菜やフルーツ

をまぜて作ります。

 

超手抜きな説明です。

 

今回はオクラで作ります。

 

材料

f:id:Curry-Enghi:20180819212639j:plain
f:id:Curry-Enghi:20180819212914j:plain
  • オクラ150g(可食部、約20本、1cm幅輪切り)
  • しょうが(みじん切り)小さじ1
  • ココナッツオイル大さじ1/2(なければサラダ油)
  • レモン汁小さじ2

【以下をミキサーでペーストにする】

  • ココナッツファイン150cc
  • ココナッツパウダー50cc(ココナッツミルク用の粉)
  • ヨーグルト200cc
  • マスタード小さじ1/2をつぶしたもの(これを省略して、後述のテンパリングマスタードを小さじ1/2にしてもいいと思います)
  • 塩小さじ1/3
  • 青唐辛子1/2本(なければ、ししとう)

テンパリング用】

 

作り方

  1. フライパンにココナッツオイル大さじ1/2を熱し、しょうが、オクラを入れて炒める。生の硬さではないけど、しんなりしているわけでもないくらい。

    f:id:Curry-Enghi:20180819213930j:plain

  2. 火を止めて、粗熱がとれたらココナッツペーストを加えてまぜる。
  3. テンパリング】をする。別のフライパンにココナッツオイル、マスタードを入れて中火で加熱する。マスタードが弾け始めたら、タカノツメを加え、さらにカレーリーフターメリックを加えて、数秒ジャカジャカと揺する。中身をオイルごと、オクラのフライパンに入れる。
  4. レモン汁を加える。
  5. 食べる。

 

ぽってり気味な仕上がりになります。

f:id:Curry-Enghi:20180819214605j:plain

 

注意点

  • 筆者はパチャディがあまり好きではありません。だから、あまり気乗りしない状態で作りました。気を付けてください。
  • オクラは軽く炒める程度にしておきます。食感を残したほうがおいしいです。
  • 単純なだけに突き詰めていくと難しそうな料理です。具材とペーストの比率、具材への火の通し方、ヨーグルトとココナッツの比率、ペーストをどこまで滑らかにするか、マスタードはどんだけ入れるのか...お好みでいろいろ変えることができそうな要素が多いです。
  • が、おそらくこの料理は、ヨーグルトの酸味、ココナッツの甘味、つぶしたマスタードの香りと辛味、テンパリングしたマスタードカレーリーフの香ばしさ、でおいしくなるものだと思います。その点を踏まえてバランス調整する必要がありそうです。
  • タカノツメのこと書いてなかった。ごめんな、タカノツメ。

 

食材について

  • パイナップルで作ってもおいしいです。でも、その場合はまた少し作り方が変わってきそうです。いつかやります、いつか。
  • これと同じ作り方で、ズッキーニ・パチャディも作れると思います。
  • ヨーグルト+ココナッツ=400ccで作っていますが、割合や分量はお好みで変えてもOKです。ヨーグルトが多いほど、またペーストの挽き方が粗いほど、仕上がりはゆるくなると予想します。
  • マスタード→ペーストに加えずに、テンパリングにのみ使用するというパターンもあります。「石臼がない&ミキサーの性能が低い」という場合、マスタードがペーストの中に馴染みにくい(つぶれない)ので、この作り方のほうがいいかもしれません。
  • ターメリックは省略しても少し増やしても構いません。単なる色づけとして使っています。色をつけるなら、もう少し増やしたほうがいいかも...。

 

単純なだけに、かなりいろいろな作り方があります。

適当にやりましょう。

 

では、また書きます。

他の副菜系メニューがこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com