おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

沖縄食材とインド料理③ ~ 麩、青パパイヤ、カーブチー、ナーベラー

沖縄食材とインド料理、妄想編・第3回です。

 

では、さっそく。

 

「麩」です。お麩。

 

麩そのものは沖縄ならではの食材ではありません。

 

特徴的なのは調理法で、沖縄では麩を炒めて使うこともあるようです。

 

 

こういう形で売られていました。

「どーんとふくらむ」そうです。

f:id:Curry-Enghi:20181012195021j:plain

 

沖縄の方から教えていただいたところによると、

  • 手でちぎる
  • 水につける
  • しぼる
  • 炒める

という手順で調理するそうです。

 

インド風に調理するのは難しいかもしれませんが、試してみたい一品。

 

野菜いろいろ

実際に買って帰ったのは、青パパイヤ、カーブチー(沖縄のみかん)、ナーベラー(ヘチマ)の3つ。

 

 

インドで熟していない青マンゴーを料理に使うことがあります。代わりになるかも?と思い、青パパイヤを買ってみました。

 

エビと青パパイヤのカレーにしてみます。

 

 

 

果肉はレモンやライムのような色をしています。

緑色でいかにも酸っぱそうに見えますが、酸味はさほどでもありませんでした。

 

 

 

最後にナーベラー(ヘチマ)。

 

実は、すでに試作してみました。

 

 

炒め物にするつもりが事故でカレーになりました。

でも、予想外のおいしさ。

 

とはいえ、次回はちゃんと炒め物にしてあげたい。

 

ぼちぼち試作します。

 

では、また書きます。

関連記事はこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com