おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】マトン・ローガンジョシュ Pandit Style

マトン・ローガンジョシュのタマネギ、トマト、にんにくなしバージョンを紹介します。

 

またしばらく放置しておりました、筆者です。

え、サボってないですよ、いろいろと作ったり、食べたり、食べたりしていました。

 

早速、ローガンジョシュについて簡単に説明します...といっても、現地に行ったことがないので、「調べたところ、こんなもんかな?」程度の説明です。

  • カシミール地方の料理
  • 赤い色が特徴
  • 以前に紹介したのはwazwan style(ワズワン、肉を中心としたムスリムの伝統的コース料理らしい。ムガル帝国と関連があるのかしら?)のローガンジョシュ
  • 今回紹介するのはpandit style。「mutton rogan josh pandit style」などで検索をかけると、わりと情報が出てきます。
  • 意外と作り方が単純

 

筆者もよく分からないまま作っています。

 

では、作ります。

 

材料(3食分)

f:id:Curry-Enghi:20190514195939j:plain
f:id:Curry-Enghi:20190514200059j:plain

 

【スパイス以外の材料】

  • 骨付きマトンまたはラム500g
  • ギー大さじ3
  • 塩小さじ1と1/2
  • ヨーグルト200g

【ホールスパイス】

【パウダースパイス】

  • ターメリック小さじ1/8
  • カシミリチリ小さじ2(なければカイエンペッパー小さじ1で代用し、パプリカを小さじ2に)
  • パプリカ小さじ1
  • フェンネル小さじ1
  • ジンジャーパウダー小さじ1
  • ヒング小さじ1/4

 

作り方

  1. 広めの鍋にギーとホールスパイスを入れて、中火で加熱する。クローブがふくらんで香りが立ってくるまで。
  2. マトンを加える。強めの火で表面にこんがりと焼き色をつける。写真は少し色が薄めに写っています。

    f:id:Curry-Enghi:20190514201012j:plain

  3. 弱火にして、パウダースパイスと塩を加えてよくまぜる。1分炒める。
  4. ヨーグルトを加えてまぜる。1分炒める。
  5. 水適量を加える。「肉が半分浸かるくらい」と「ヒタヒタ」の間くらいの状態にする。弱中火で沸騰させたら、蓋をして弱火で90分煮る。途中で何度かかきまぜる。水が減ってきたら、適宜足す。写真は煮始め。

    f:id:Curry-Enghi:20190514201515j:plain

  6. お好みで刻んだ香菜(分量外)をちらす。
  7. 食べる。

 

鮮やかな赤色になります。

f:id:Curry-Enghi:20190514201911j:plain

 

注意点

  • 作り方自体はかなり単純です。水を入れすぎないことくらいでしょうか。

 

食材について

  • 肉→骨付きラムを使用。いつものごとく、グリーンナスコ(実店舗は新大久保にあります)の通販で購入しました。
  • ギー→インドのすましバター。ギーではなく、マスタードオイルを使用するレシピもあるようです。どっちもなければサラダ油でもいいかもしれませんが、このレシピでサラダ油だと味が物足りなくなりそうな気がします(未検証)。
  • ホールスパイス→カルダモンを使用するパターン、スターアニスを使用しないパターンなど、いろいろあります。
  • カシミリチリ→赤色が鮮やかで辛味がやや穏やかな唐辛子。インド食材店へ行くと売っていることがあります。
  • フェンネル、ジンジャーパウダー、ヒング→カシミール料理のレシピでよく見る組み合わせ。
  • ヨーグルト→種菌から作った酸味の少ないタイプを使用。市販のものを使うなら、小岩井・生乳100%がおすすめ。なければ、他のヨーグルトでも。

 

関連レシピ、通販サイトはこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

www.nascohalalfood.com

dahiyogurt.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com