おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

【インド料理レシピ】ムングダール・パヤサム ~ インドのおしるこ的スイーツ

パヤサム、というデザートを紹介します。

 

今回作るパヤサムについて、簡単に説明しますと、

  • ムング豆を使う
  • ジャガリーという椰子から作る砂糖を使う(黒砂糖などでも可)
  • 牛乳、ココナッツミルクを使う
  • ほぼ「おしるこ」に相違ない

というデザートです。

 

筆者が作るのは、南インドバージョンですが(それしか知らない)、インドの他の地域にも似たようなデザートがいろいろあるらしい。キール Kheer という呼び名もあります。

 

では、作ります。

 

材料(5人分)

  • ムングダール200cc
  • ジャガリー150g(なければ黒砂糖。この際、白い砂糖でも)
  • 牛乳150cc
  • ギー大さじ1(なければバター)
  • カシューナッツ大さじ1
  • レーズン大さじ1
  • ココナッツシュレッド大さじ1~2(お好みで調整。なければ省略)
  • ココナッツミルク100cc
  • カルダモンパウダー小さじ1

 

作り方

  1. フライパンでムンダールを煎る(写真くらいまで)。

    f:id:Curry-Enghi:20190309192217j:plain

  2. 鍋に煎ったムングダールと水(水面が豆より2cm高くなるくらい)を入れて、沸騰させる。沸騰したら、弱中火~中火で豆がほぼ崩れるまで煮る。煮ている途中で豆が水を吸うので、適宜水を足しつつ、写真くらいの状態に仕上げる(ポッテリした感じ)。

    f:id:Curry-Enghi:20190309195300j:plain

  3. フライパンにジャガリーと水50ccを入れて加熱する。ジャガリーが完全に溶けてシロップ状になったら濾す。写真は加熱する前と濾した後。
    f:id:Curry-Enghi:20190309195609j:plain
    f:id:Curry-Enghi:20190309195656j:plain
  4. シロップを豆の鍋に入れて煮る。グツグツしてきたら、焦げない程度に火力を落として、5分煮る。
  5. 牛乳を加えて煮る。焦がさないように注意しつつ、5分煮る。火を止める。
  6. フライパンにギーを熱し、カシューナッツを入れて炒める。カシューナッツが軽く色づいてきたら、レーズンを加える。レーズンがふくらんできたら、フライパンの中身を豆の鍋に加える。
  7. 同じフライパンでココナッツシュレッドを炒める。軽く色づいてきたら、豆の鍋に加える。
  8. ココナッツミルク、カルダモンパウダーを加えてまぜる。

    f:id:Curry-Enghi:20190309200411j:plain

  9. 食べる。

 

おしるこくらいの濃度になっていればOK。

f:id:Curry-Enghi:20190309200337j:plain

 

注意点

  • 豆の煮崩し加減。お好みですが、あまりにも形が残りすぎていると、おいしくないと思います。シロップを加える段階で「あと少し煮崩したらちょうどいい」くらいに調整しておきます。
  • 濃度。これまたお好みですが、筆者の場合、シロップを加える前の段階で「木ベラですくって下に落とすと、ボタ......ボタ...と落ちるくらい」にしました。
  • なんにしても、「自分がおいしいと思うおしるこ」をイメージして作ればいいと思います。
  • 「おしるこ」って言い切ったな。

 

食材について

  • ムングダール以外にも、米、バミセリなどを使ったパヤサムもあります。
  • インド仕様の甘さにしたい場合、ジャガリーを200gにしましょう!
  • 牛乳→ココナッツミルクの二番搾り(2nd exstraction)を使用することもあるようですが、面倒なので牛乳にしました(笑)。
  • ココナッツミルク→缶入りだと、量が多くてなかなか使いきれません。そういう場合は、ココナッツパウダー75ccをぬるま湯50ccで溶いて使用します。

 

では、また書きます。

...それにしても、スイーツネタは珍しいですね。

関連ネタが見つからない。