おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】ココナッツが香ばしい!大根のスパイス炒め

 乾煎りしたココナッツが香ばしい大根の炒め物を紹介します。

 

この記事は

The Food of India by Carol Selva Rajah & Priya Wickramasinghe

Published by Om books International, New Delhi, India

を参考にしてお送りします。

 

  • このブログでの呼び名:大根のスパイス炒め
  • 「The Food of India」での呼び名:Mooli Bhaji
  • スパイス使いがシンプルな炒め物
  • 少し色づくまで煎ったココナッツをまぜる

 

では、作ります。

 

材料(副菜として3~4食分)

f:id:Curry-Enghi:20181109210724j:plain
f:id:Curry-Enghi:20181109210748j:plain

 

【スパイス以外の材料】

  • 大根500g(1cm×1cm×3cm、細長く切る)
  • ココナッツファイン25g
  • 油大さじ2
  • タマネギ120g(みじん切り)
  • 青唐辛子1本(種を取り除いて細かく刻む)
  • 塩小さじ1/3

【ホールスパイス】

【パウダースパイス】

 

作り方

  1. フライパンのココナッツファインを入れて中火で加熱する。たまにかきまぜつつ、少し色づくまで。

    f:id:Curry-Enghi:20181109211246j:plain

  2. フライパンとは別の広めの鍋に油、マスタードを入れて中火で加熱する。マスタードが弾け始めたら、タマネギを加える。できるだけ強めの火で少し色づくまで炒める。f:id:Curry-Enghi:20181109211747j:plain
  3. 弱火にして青唐辛子を加えてまぜる。
  4. パウダースパイスを加える。かきまぜながら1分炒める。
  5. 大根を加えてまぜる。水大さじ2程度を加えて、蓋をして大根に火が通るまで蒸し炒めにする。
  6. 火を止めて、塩、ココナッツファインを加えてまぜる。
  7. 食べる。

 

ココナッツファインをそのまま加えるのとはまた違った香りになります。

f:id:Curry-Enghi:20181109211649j:plain

 

注意点

  • ココナッツファインに色をつけすぎないこと。仕上がりがキツくなります。
  • 副菜として使う場合、塩は控えめにしておきます。
  • 注意点らしい注意点でもないですね(笑)。

 

日本の食材と使うにあたって考えたこと

  • 大根の水分。筆者はインドで大根を見たことがありません。ですが、水分は少ないのではないかと推測します。そのため、大根を炒めるときに加える水の量を減らしました(もとのレシピではなんと125cc!ベチョベチョになります)。塩を加えると食材から水分が出るので、最後に加えます。
  • それでも水分が結構出てしまうのですが、最後に加えるココナッツファインがかなり水分を吸ってくれます。たぶん生のココナッツよりも吸ってくれてるんんでしょうね。
  • ターメリックの量。水分が多いせいか、ターメリックの発色が悪かったので使用量を倍にしています。

 

わりと作りやすいメニューです。

 

では、また書きます。

その他の副菜系メニューはこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com