おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】ローストココナッツのチキンカレー

ローストしたココナッツを使用する、香ばしいチキンカレーを紹介します。

 

料理の特徴を簡単に説明します。

  • ややコッテリ系
  • 色づくまでローストしたココナッツをペーストにして使用する
  • 南インドケララ州の「Kozhi Varutharachatu」という料理

 

作り方としては、

  • ココナッツペーストを作る
  • カレーを作る

の2段階に分かれます。

 

では、作ります。

 

材料(3食分)

f:id:Curry-Enghi:20191023192038j:plain
f:id:Curry-Enghi:20191023192102j:plain


【ペースト用材料(最終的に2枚目の写真のようなペーストになります)】

  • ココナッツオイル大さじ1(なければサラダ油)
  • カレーリーフ7~8枚くらい(なければ省略)
  • タカノツメ1本
  • コリアンダーシード小さじ1/4(ホールスパイス)
  • タマネギ30g(繊維を断ち切る方向にスライス)
  • にんにく小さじ1(みじん切り)
  • ターメリック小さじ1/8
  • コリアンダーパウダー小さじ1/4
  • ココナッツファイン100cc、約40g

 

【その他の材料】

  • 骨付き鶏肉500g(手羽元を使用)
  • ココナッツオイル大さじ2(なければサラダ油)
  • タマネギ150g、中3/4個(繊維を断ち切る方向にスライス)
  • にんにく小さじ1(みじん切り)
  • しょうが小さじ2(みじん切り)
  • 青唐辛子1本(縦に切れ目を入れる。なければ、ししとうなど。)
  • 塩小さじ1と3/4
  • ココナッツミルク50cc

【ホールスパイス】

【パウダースパイス】

 

作り方

ココナッツペーストを作る。【ペースト用材料】を使用する。

  1. フライパンにココナッツオイル大さじ1を熱し、カレーリーフを加える。フライパンを10秒くらい揺すりつつ、香りを立たせる。
  2. タカノツメとコリアンダーシードを加える。弱中火で30秒炒める。
  3. タマネギとにんにくを加える。中火でタマネギがしんなりするまで炒める。
  4. ターメリックコリアンダーパウダーを加える。弱中火で、かきまぜながら1分炒める。
  5. ココナッツファインを加える。弱中火でココナッツファインが少し色づくまで炒める。写真は炒め終わり。

    f:id:Curry-Enghi:20191023194043j:plain

  6. フライパンの中身を水少量(ミキサーが回る必要最小限の量)とともにミキサーにかける。完全になめらかなペーストにはせず、少し食感を残すこと。

 

つづいて、カレーを作る。【ペースト用材料】以外を使用する。

  1. 鍋にココナッツオイル大さじ2を中火で加熱し、マスタードシードを加える。マスタードシードが弾け始めたら、タカノツメを加える。
  2. タマネギを加える。できるだけ強めの火でタマネギがやや色づくまで炒める(炒め加減は写真参照)。

    f:id:Curry-Enghi:20191023194500j:plain

  3. 弱火にして、にんにく、しょうが、青唐辛子を加えてまぜる。
  4. ガラムマサラフェンネル以外のパウダースパイス(ターメリック小さじ1/4、カシミリチリ小さじ1、コリアンダー小さじ1/2)と塩を加える。弱中火で、かきまぜながら1分炒める。
  5. 鶏肉を加える。かきまぜながら、中火で5分炒める。鍋底が焦げ付きそうなら、ごく少量の水少量を加えて、鍋底をこそげながら炒める。
  6. 鶏肉が半分浸かるくらいの水を加える。蓋をして沸騰させる。弱火で35分煮る。水の量は写真参照。

    f:id:Curry-Enghi:20191023194952j:plain

  7. ココナッツペーストを加えてまぜる。蓋をして5分煮る。ここでヒタヒタ程度に水の量を調整する。写真はペーストを加えた直後。

    f:id:Curry-Enghi:20191023195051j:plain

  8. 火を止めて、ガラムマサラフェンネルパウダー、ココナッツミルクを加えてまぜる。
  9. 食べる。

 

ローストしたココナッツが香ばしいチキンカレー。ややコッテリ味で、ライスはもちろん、チャパティなどのパン類とも合います。

f:id:Curry-Enghi:20191023195318j:plain

 

注意点

  • ペーストを作るときに炒めすぎないこと。ココナッツファインが全体的にうっすら茶色になるくらいで火を止めます。タマネギともども、ガッツリ茶色にはしません。そこまでやると、苦味が出てきます。匂いを目安にすると、「なんか香ばしい香りがしてきたな」くらいで火を止めます。
  • ペーストを完全に滑らかにはしないこと。乾燥品であるココナッツファインでも、根気強くミキサーにかけているとほぼ滑らかなペーストになりますが、ここではその2、3歩手前で止めます。イメージ的には、「滑らか8:ザラザラ2」くらい。滑らかすぎるのとザラザラすぎるのでは、どっちかというと滑らかすぎるほうがマシです。
  • 後から炒めるタマネギ(ペースト用ではなく、タマネギ150gのほう)は、ペースト用のタマネギよりもしっかり色をつけるように炒めます。とはいえ、真っ茶色までにはしません。
  • 鶏肉を煮るときに水を入れすぎないこと。このブログでよくあるパターンとして「ヒタヒタ程度の水を加えて煮る」というのがありますが、この料理に関しては「半分くらい浸かる程度の水」になります。ペーストを加えた後で、必要ならばヒタヒタになるように調整します。

 

食材について

  • タマネギ→本来はエシャロット Shallotという小タマネギを使用します。
  • ココナッツファイン→これまた、本来は生のココナッツ果肉を削ったものを使用します。
  • カシミリチリ→赤色が鮮やかで辛味が穏やかな唐辛子。インド食材店で売っていることがある。
  • フェンネルパウダー→少量のフェンネルパウダーをガラムマサラ的に最後に加えます。ほのかにフェンネルが香る仕上がりになります。これは結構面白い方法。

 

では、また書きます。

関連レシピはこちら。 

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com