おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

5種類のスパイスで5日間!簡単インド料理レシピ①

限られたスパイスで簡単に作れるインド料理のみで献立を構成する企画です。

 

企画の概要はこんな感じ。

 

1日目のメニュー

  • シーフードのトマトレモンカレー(所要時間30分)
  • キノコのスパイス炒め(所要時間20分)
  • ライス

 

個別のレシピはこちら。

5日間連続ではなく単発で作るなら、こちらのリンクを見てください。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

 

つづいて、筆者がとった行動を記載します。

 

何を言ってるか分からないかもしれませんね。

 

でも、読めば分かります。

 

 

やるわよ。

 

1日目のお買い物リスト(3食分)

  • お好みのシーフード200g(魚、エビ、イカなど)
  • にんにく1玉
  • しょうが
  • ししとう1パック
  • タマネギ1個
  • トマト1個
  • レモン1個、またはレモン汁
  • キノコ3パック(お好みで。例えば、しめじ、エリンギ、ひらたけ各1パック。1種類でも可)
  • バター(切れてるバターなど少量のもの)
  • 切らしているなら、サラダ油と塩

 

1日目の作る手順(3食分)

  1. ご飯を炊く(日本米で可)。炊飯器のスイッチオン!
  2. シーフードカレーを作る。を適当な大きさに切る。
  3. にんにく1かけ、しょうが1かけを粗みじん切り、ししとう2本を小口切り。
  4. タマネギ1/2個をスライス(繊維を断ち切る方向)
  5. 鍋にサラダ油大さじ2マスタードシード小さじ1/2を入れて、中火で加熱する。マスタードシードが弾け始めたら、クミンシード小さじ1/2を加える。クミンの茶色が少し濃くなって、泡が出てくるまで。
  6. 弱火にして、にんにく、しょうが、ししとうを加えてまぜる。
  7. タマネギと塩小さじ1/4を加えて炒める。できるだけ強めに火で、広げて焼く、かきまぜる、広げて焼く...を繰り返すイメージ。タマネギがやや色づくまで(写真)...なのですが、この隙にトマト1個を粗みじん切り。

    f:id:Curry-Enghi:20180915190810j:plain

  8. 弱火にして、ターメリック小さじ1/4、カイエンペッパー小さじ1/2、コリアンダー小さじ1、塩小さじ1を加える。弱中火で常にかきまぜながら1分くらい炒める。
  9. トマトを加える。軽くつぶしつつ、トマトがほぼ崩れるまで。
  10. シーフードと水50ccを加えて、中火で煮る。沸騰したら弱火。5分くらい煮る。この隙にキノコ3パック分をバラしておく。
  11. 火を止めて、レモン汁大さじ1を加える。シーフードカレー完成。
  12. キノコのスパイス炒めを作る。広めの鍋にバター20g、クミンシード小さじ1を入れて中火で加熱する。 クミンの色が少し濃くなって、泡が出てくるまで。
  13. キノコを加えてまぜる。
  14. 弱火にして、ターメリック小さじ1/4、カイエンペッパー小さじ1/4を加えてまぜる。
  15. 蓋をして、弱中火でキノコに火が通るまで炒める。
  16. 水分が多く出てきてベチャベチャになると思われるので、キノコを鍋の端に寄せて、ごく短時間強火にかけて水分をとばす。
  17. 塩小さじ1/4を加えてまぜる。キノコのスパイス炒め完成。
  18. そろそろご飯が炊けているはず。食べるべし。

 

f:id:Curry-Enghi:20180915204132j:plain

 


これで1日目は終了です。

2日目につづく。