おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【ケララ料理レシピ】旨味たっぷり!キノコのココナッツ炒め

ココナッツを使った野菜の炒め蒸し、トーレン Thoran を紹介します。

 

まず、南インドの炒め物としてポリヤル Poriyal という料理がありますが、トーレンはケララ版・ポリヤルみたいな料理です。

 

筆者が経験した範囲で特徴を挙げると、

  • スパイス使いがポリヤルよりもシンプル
  • 炒め蒸しをすることが多い
  • ココナッツを使う割合が多い(ポリヤルにも使うことがありますが)
  • 油はココナッツオイル

というところですが、正直なところよく分かりません(笑)。

 

野菜ならだいたい何でもトーレンにできてしまうのではないかと思います。

 

今回はキノコで作ります。

インドではあまりキノコは食べられていないのではないかと思います。マッシュルームはたまに見ますが。

 

材料

f:id:Curry-Enghi:20180630225407j:plain
f:id:Curry-Enghi:20180630225442j:plain

 

【スパイス以外の材料】

  • お好みのキノコ(今回はしめじ、エリンギ、マイタケを各1パック使用、約550g)
  • ココナッツオイル大さじ2(なければサラダ油で)
  • にんにく1かけ(やや細かめにつぶす)
  • しょうが1かけ(やや細かめにつぶす)
  • カレーリーフ10枚くらい(なければ省略)
  • タマネギ1/2個(みじん切り)
  • 塩小さじ1
  • 香菜(ざくざく刻んで)大さじ2
  • ココナッツファイン大さじ3

【ホールスパイス】

【パウダースパイス】

 

作り方

  1. 深めのフライパンにココナッツオイル、マスタードシード、タカノツメを入れて中火で加熱。マスタードが弾け始めたら、火を弱めてカレーリーフ、にんにく、しょうがを加えて軽くまぜる。
  2. タマネギを加えて炒める。できるだけ強火で、少し色づくくらいまで。
  3. 弱火にしてパウダースパイスを加える。常にかきまぜつつ弱中火で粉っぽさがなくなるまで炒める。
  4. キノコを加えてまぜる。水大さじ2程度を加えて、蓋をして弱中火で炒め蒸しにする。
  5. キノコに火が通ったら、塩、ココナッツファイン、香菜を加えてまぜる。
  6. 食べる。

 

f:id:Curry-Enghi:20180630231330j:plain

 

注意点

  • 水を入れすぎないように注意。キノコから水分が出てベチャベチャになりやすいです。水を加えずにやってみて、必要なら後から足すという方法でも良さそうです。
  • 最後に加えるココナッツファインがキノコの水分を吸います。それでもベチャついているようなら、蓋を開けて少し放置しておくと少しマシになります。
  • キノコの量が多いので、フライパンに加えるときは半分入れてまぜる、残り半分を入れてまぜる、という方法がやりやすいです。炒めているうちにキノコのかさが減ってきます。

 

食材について

  • トーレンの定番というと、キャベツでしょうか。みじん切りにしたキャベツ(めんどくさい)でも同じように作ることができます。
  • トーレンはスパイスの使い方がシンプルであることが多いです。パウダースパイスがターメリックだけ、というレシピもよく見ます。
  • ほんとは削ったココナッツの果肉を使います。

 

番外編的・筆者の「違法改造」

  • 以前にホタテのピックル(スパイス・オイル漬け)を作った。
  • ホタテを炒めるのに使ったココナッツオイルがウマかった。
  • 普通だと捨ててしまうものだけど、なんか使用方法はないかと考えて、キノコのトーレンを作るときに「ホタテ・ココナッツオイル」を使ってみたら
  • 劇的にウマイ!
  • いっそのこと、ホタテとキノコのトーレンにしてもいいかもしれない
  • が、ベジタリアン料理のイメージが強いトーレンに動物性の食材を使うのは、食文化的な観点からどうなんだろうか。あ、でも、魚のトーレンというのもあるから、まあいいか。
  • どっちにしても、日本人だからいいですよね。

 

旨味たっぷり、しっとり系の炒め物を目指してください。

 

では、また書きます。

香ばしく仕上げるタイプの炒め物はこちら。
curry-enghi.hatenablog.com