おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】ケララ風エビカレー

ココナッツミルクで仕上げる南インドケララ風のエビカレーを紹介します。
 
ケララコーチンにあるオールドハーバー・ホテル Old Harbour Hotel で提供されていたエビカレー(現在のメニューにはありません)をモデルにしています。
 
特徴を簡単に説明します。
  • トマトベース
  • フィッシュカレー用のミックススパイスを使う
  • エビの加熱は短時間、でも味はしっかり出る
  • 仕上げにココナッツミルクを加えてマイルドに

 

では、作ります。 

 

材料(3食分)

f:id:Curry-Enghi:20190516213617j:plain
f:id:Curry-Enghi:20190516213648j:plain

 

ココナッツミルクが写っていませんが、脳内で補完してください。

 

【スパイス以外の材料】

  • エビ大きめ13尾(中くらいなら18尾くらい)
  • ココナッツオイル 大さじ2(なければサラダ油)
  • カレーリーフ10枚くらい(なければ省略)
  • タマネギ100g、中1/2個(みじん切り)
  • にんにく1かけ(みじん切り)
  • 青唐辛子2本(小口切り)(なければ、ししとう
  • 塩 小さじ1と1/4
  • トマト200g、中1個(粗みじん切り)
  • 香菜の葉(刻む)大さじ1
  • 香菜の根茎(刻む)小さじ1
  • ココナッツミルク 100cc

【ホールスパイス】

【パウダースパイス】

  • ターメリック小さじ1/4
  • フィッシュマサラ小さじ2
  • クミン小さじ1
  • ブラックペッパー小さじ1/2

 

作り方

  1. 鍋にココナッツオイル、ホールスパイスを入れて中火で加熱する。
  2. マスタードが弾け始めたら、弱火にしてカレーリーフを加える。10秒ほど鍋を揺すって香りを出す。油がはねるので注意。
  3. タマネギを加えてまぜる。できるだけ強めの火でやや色づくまで炒める。

    f:id:Curry-Enghi:20190516214438j:plain

  4. 弱火にして、にんにく、青唐辛子を加えてまぜる。
  5. 弱火のままパウダースパイスと塩を加える。弱中火で常にかきまぜながら1分炒める。
  6. トマトと香菜の葉、香菜の根茎を加える。木ベラなどで適度にトマトをつぶしつつ、トマトがほぼ崩れるまで2~3分程度炒める。

    f:id:Curry-Enghi:20190516214738j:plain

  7. エビと水30ccを加える。蓋をして弱中火で沸騰させる。沸騰したら、弱火で5分程度煮る(エビが大きめのものだったので煮る時間は5分としましたが、中くらいのものなら3分程度でも。いずれにしても、加熱時間は極力短くします)。火を止めて、5分程度放置。余熱でエビに火を通す。
  8. ココナッツミルクを加えてまぜる。
  9. お好みで刻んだ香菜(分量外)をちらす。
  10. 食べる。

 

タマネギ、トマト、エビ...旨味のもとを重ねまくったカレー。ある意味、分かりやすいおいしさです。お供は白いライス一択で。

f:id:Curry-Enghi:20190516220200j:plain


注意点 

  • やはり水分量。インドカレー全般に言えることですが、水の入れすぎは厳禁です。
  • 出来上がりは、「サラサラでもないがポッテリでもない。皿に盛ったときにある程度広がるけど、皿全体には広がらない」くらいの濃度です。そのくらいの仕上がりを意識しつつ、加える水の量を調整します。
  • エビの加熱時間は最小限に。ココナッツミルクを加えると鍋の温度が下がるので、エビを加熱→少し置いておく→ココナッツミルクを加える、という手順で余熱を利用します。筆者はこの間に洗い物をしています。
 

食材について

  • エビ→ブラックタイガーなど味がしっかり出るタイプのエビを使用します。短時間の加熱でも十分味が出ます。
  • ココナッツオイル→気温が下がると固まってしまいます。日本で使用する場合、真夏以外の季節にはほぼ固まっていますので、湯煎して使います。ポットのような円筒形の容器にお湯を入れて、その中にココナッツオイルのボトルを入れておけば(容器の口まで浸からないように注意)、すぐに溶けます。なければサラダ油を使いましょう。
  • フィッシュマサラ→シーフードカレー用にあらかじめ調合されたミックススパイス。いろんなメーカーのものがありますが、辛味と酸味を併せ持っているものが多いです。一般家庭ではよく使っているよう。
 
では、また書きます。
関連記事はこちら。