おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】カシミール風レバーマサラ

鶏レバーを使った濃厚なカレーを紹介します。

 

この記事は

The Food of India by Carol Selva Rajah & Priya Wickramasinghe

Published by Om books International, New Delhi, India

を参考にしてお送りします。

 

  • このブログでの呼び名:カシミール風レバーマサラ
  • 「The Food of India」での呼び名:Kashimiri Chicken livers
  • マサラとは...簡単にいうとカレーの濃いヤツ
  • タマネギ、スパイス多め
  • 香りの強い食材を多くぶっこんでレバーの臭みを制するイメージ

 

では、作ります。

 

材料(3~4食分)

f:id:Curry-Enghi:20181020234249j:plain
f:id:Curry-Enghi:20181020234309j:plain

 

【スパイス以外の材料】

  • 鶏レバー400g(5分くらい水に浸けておき、よく水を切っておく。血のかたまりをできるだけ取り除く)
  • 油大さじ6
  • タマネギ400g、中2個弱(みじん切り)
  • にんにく大きめ1かけ(みじん切り)
  • 塩小さじ1と1/2
  • しょうが4cm(すりおろし)

【ホールスパイス】

  • クミン小さじ2

【パウダースパイス】

  • ターメリック小さじ1
  • カシミリチリ小さじ2(なければカイエンペッパー小さじ1)

 

作り方

  1. 広めの鍋に油を熱し、タマネギと塩小さじ1/2を加えて炒める。できるだけ強めの火でやや色づくまで(写真)。

    f:id:Curry-Enghi:20181020235353j:plain

  2. 弱中火にして、にんにく、クミンを加える。1分炒める。
  3. パウダースパイス、塩小さじ1、しょうがを加えて1分炒める。
  4. バーを加えてまぜる。中火にして表面の色が変わるまで炒める(写真)

    f:id:Curry-Enghi:20181020235804j:plain

  5. 水100ccを加えて沸騰させる。蓋をして弱火で5分煮る。5分たったら蓋を開けて、さらに5分煮る。(写真は水100ccを加えた直後と蓋を開けて5分煮た後)
    f:id:Curry-Enghi:20181021000133j:plain
    f:id:Curry-Enghi:20181021000200j:plain
  6. 食べる。

 

少し時間を置くと一段と濃くなります。

f:id:Curry-Enghi:20181021000028j:plain

 

注意点

  • タマネギはややしっかりめに炒めます。炒めが足りないと水分が多く出るうえに甘味が目立ってしまい、シマりのない味になります。
  • バーに火を通しすぎないこと。ゴワついた食感になってしまいます。

 

日本の食材を使うにあたって考えたこと

  • タマネギの量。毎回のように登場しております、こやつ。レシピ本では「タマネギ4個」となっています。かなり多い。インドのタマネギ1個80gとして4個で320g。日本のタマネギの水分の多さを考慮して、使用量は400gとしました。普段は320g×1.5で480gとしていますが、なんだか多すぎる気がしたので400gに。ただの勘です。
  • タマネギの炒め。レシピ本では「透明だが色づかない程度」となっています。日本のタマネギの旨味の弱さを考慮して、炒めをややしっかりめに。
  • 水の量。レシピ本では500cc。何かの間違いかと思うくらい多い!このとおりに入れると明らかにシャバシャバになるので100ccに。すぐ食べるなら、もう少し減らしてもいいと思います。
  • やはり水の多さと味の弱さが大問題だな。

 

ライスの他、チャパティなどとも相性がいいです。

 

では、また書きます。

その他のこってり系はこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com