おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】コリアンダー・チキンコルマ ~ 緑色のこってりカレー

香菜(パクチー)ペーストをベースにして作る緑色のチキン・コルマを紹介します。

 

コルマというのは、ヨーグルト、生クリーム、ナッツなどをベースにして作られるコッテリしたカレーで、南北インドにいろいろなバリエーションがあります。

 

今回作るのは、こんなコルマ。

  • 南インド
  • 香菜をすりつぶしたペーストを使用
  • カシューナッツペースト、ココナッツミルクを使用
  • フライドオニオンは使わず、タマネギを炒めるだけ

 

では、作ります。

 

材料

f:id:Curry-Enghi:20190314210731j:plain
f:id:Curry-Enghi:20190314210812j:plain
f:id:Curry-Enghi:20190314210848j:plain
f:id:Curry-Enghi:20190314210925j:plain

 

【以下をまぜまぜして2時間置く】

  • 骨付き鶏肉650g
  • ヨーグルト大さじ5

【スパイス以外の材料】

  • ギー大さじ4(なければ、バターか油)
  • タマネギ300g、大きめ1個(繊維を断ち切る方向にスライス)
  • にんにく1かけ(すりおろし)
  • しょうが(にんにくと同量、すりおろし)
  • 青唐辛子1本(種を取り除いて細かく刻む)(なければ、ししとう2本)
  • 香菜の根茎(刻む)小さじ2
  • 塩小さじ1と1/2
  • 刻んだ香菜150cc(水適量とともにミキサーなどでペーストにする)
  • レモン汁大さじ1
  • カシューナッツ20g(水適量とともにミキサーなどでペーストにする。アーモンドでも)
  • ココナッツミルク50cc(写真は100ccですが笑、実際に使ったのは50ccです)

【ホールスパイス】

  • カルダモン5個
  • クローブ3本
  • シナモン1cm×5cm

【パウダースパイス】

 

早くもめんどくさそうな予感があります。

 

作り方

  1. 広めの鍋にギーとホールスパイスを入れて、中火で加熱する。カルダモンやクローブがふくらんで、いい香りがしてくるまで。
  2. タマネギを加える。できるだけ強めの火で茶色く色づくまで炒める(完全に茶色にはしない。写真くらいまで。かなりかさが減ります)。

    f:id:Curry-Enghi:20190314212003j:plain

  3. 弱火にして、にんにく、しょうが、青唐辛子、香菜の根茎を加えてまぜる。
  4. 鶏肉をマリネごと加える。適当にかきまぜつつ、鶏肉の表面が軽く色づくまで中火で炒める。

    f:id:Curry-Enghi:20190314212514j:plain

  5. 弱火にして、パウダースパイスと塩を加える。スパイスが全体に行き渡るようにかきまぜつつ、弱中火で1分炒める。
  6. 香菜ペーストとレモン汁を加えてまぜる。とても鮮やかな緑色ですが、すぐにくすんだ色になってしまいます。

    f:id:Curry-Enghi:20190314212846j:plain

  7. 必要であれば、水を足す。水分量の目安は、鶏肉が半分浸かるくらい。沸騰させてから、弱火で40分煮る。写真は煮始めと煮終わり。色の変わり方がすごい。
    f:id:Curry-Enghi:20190314213319j:plain
    f:id:Curry-Enghi:20190314213350j:plain
  8. カシューナッツペーストを加えて、5分煮る。
  9. 火を止めて、ココナッツミルクを加える。
  10. 食べる。

 

見栄えがしないので、トマトをのせてみました。意外と合いました。

f:id:Curry-Enghi:20190314220104j:plain

 

注意点

  • 鶏肉を炒めているときは焦げ付きやすいです。火加減を適宜調整してください。
  • 香菜の分量が計りにくいですが、計量カップに刻んだ香菜を入れて、少し上から押さえた状態で計ります(ギュウギュウに押さえつけなくてよい)。
  • いつものごとく、水加減。鶏肉が半分浸かる程度の水分量を保つように調整します。鶏肉からも水分が出るので、最初は控えめに入れておいて、足りなければ後から足すのが無難です。

 

食材について

  • フェンネル→パウダーはあまり売られていないので、ホール(粉になっていない、種の状態)をミルなどで挽いてパウダーにします。
  • 鶏肉→食材調達の都合上、手羽元と使用していますが、骨付きのぶつ切り肉などがあれば是非。

 

では、また書きます。

その他のコッテリ系カレーはこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com