おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【ケララ料理レシピ】チキンとじゃがいものカレー ~ おうちカレーはコリアンダーの香り

南インドケララ州のチキンカレーを紹介します。

コリアンダーの香りとココナッツミルクのまろやかさが特徴のチキンカレー。ホクホクのじゃがいも入り。

f:id:Curry-Enghi:20180524214234j:plain

 

では作るのだ

ここ最近ずっとケララ旅行記を書いていたせいで、レシピの書き方を忘れかけています。隙あらば遠慮なくご指摘ください。

 

f:id:Curry-Enghi:20180524215125j:plain

f:id:Curry-Enghi:20180524215213j:plain

【スパイス以外の材料】

  • 骨付き鶏肉500g(ターメリック小さじ1/4、酢大さじ1、塩小さじ1/2でマリネして1時間くらい置いておく)
  • タマネギ200g(みじん切り)
  • じゃがいも2個(塩分2%のお湯でゆでて皮をむき、大きめに切る。今回は小さめのじゃがいもだったので3個使用しています)
  • にんにく1かけ(細かめにつぶす、みじん切りでも)
  • しょうが1かけ(細かめにつぶす、みじん切りでも)
  • 青唐辛子2本(小口切り)
  • カレーリーフ10枚くらい
  • 塩小さじ1と1/2
  • ココナッツオイル大さじ3
  • ココナッツミルク100cc

 

【スパイス(以下をミルなどでパウダーにする)】

  • コリアンダーパウダー大さじ1
  • カシミリチリパウダー小さじ1(なければカイエンペッパー小さじ1/2)
  • ブラックペッパー小さじ1/2
  • シナモン1cm×5cm
  • クローブ4本

 

【手順】

  1. 鍋にココナッツオイルを熱し、にんにく、しょうが、青唐辛子、カレーリーフを加えて軽くまぜる。カレーリーフを入れると油がはねるので注意。
  2. タマネギを加えて、強火でやや色づくまで炒める。これくらい。

    f:id:Curry-Enghi:20180524220520j:plain

  3. 弱火にしてパウダーにしたスパイスと塩を加える。弱中火で2分程度炒める。
  4. 鶏肉を加えてまぜる。
  5. ヒタヒタよりやや少なめのお湯を加える。蓋をして沸騰したら弱火で40分くらい煮る。
  6. じゃがいもを加えて10分くらい煮る。
  7. 火を止めてココナッツミルクを加える。
  8. 食べる。

 

【注意点】

  1. パウダースパイスは焦げやすいです。加えるときにいったん火を止めるのもアリ。手順3では常にかきまぜつつ炒めます。
  2. 手順5でお湯を多く入れすぎないこと。鶏肉からも水分が出ます。
  3. 手順7でココナッツミルクを加えたら、大きくかきまぜないこと。じゃがいもが崩れてしまいます。鍋をゆするなどして、じゃがいもを崩さないように。

 

【食材の説明、代用など】

  1. 青唐辛子→なければ、ししとうで。
  2. カレーリーフ南インド料理で頻繁に使用される葉っぱ。日本で安定して生葉を入手するのは困難です。栽培(大変)するか通販(高価)。どっちも面倒なら省略。
  3. カシミリチリ→インド食材店に置いていることがある。正規には輸入されていないそうで... つまり、店頭に並んでいるのは個人流通(密輸とも言うな)。
  4. カイエン・ペッパー→要するに唐辛子の粉。インド料理愛好家からはいろいろ言われそうだけど、唐辛子の粉。
  5. ココナッツオイル→だいたい気温が25度を下回ると固まるので、湯煎して使います。なければサラダ油で。

 

筆者試作時の反省点。

ケララで食べたものは鶏肉とじゃがいもに味がよく染み込んでました。それが塩の質によるものなのか、調理方法によるものなのかは分かりません。じゃがいもを茹でるときの塩分濃度はもっと上げてもよさそうです。

 

最後に、似たようなケララ料理でMappas マッパスというものがあります。

多めのコリアンダーとココナッツミルクで仕上げる点は共通していますが、今回紹介した料理は微妙に違うような気もします。

 

そのへんは曖昧なままで良し、ということにしておきます。

マッパスのレシピはこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

 

では、また書きます。