おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】脳天直撃スパイシー、鶏肉の黒コショウ炒め

スパイシーな鶏肉の炒め物、チキン・ペッパー・フライを紹介します。

 

この料理はおそらく...いや、確実に酒に合うと思います。

 

「と思います」というのは、筆者は酒を呑まないのです。

 

にも関わらず、酒の香りのするお菓子とか、おつまみ系のメニューは大好きだったります。居酒屋で楽しく食事ができてしまうタイプです。

 

この料理は青唐辛子、カイエンペッパー、ブラックペッパーを多めに使っているため、かなりスパイシーな仕上がりになります。さらに、にんにくは利いてるわ、ややしょっぱめに塩を利かせるとおいしいわ...まさに、おつまみ系メニュー。

 

材料

f:id:Curry-Enghi:20180710211601j:plain
f:id:Curry-Enghi:20180710211630j:plain



【スパイス以外の材料】

  • 骨なし鶏もも肉(皮を取り除いて、やや小さめに切る)400g
  • ココナッツオイル大さじ4(なければサラダ油で)
  • にんにく(みじん切り)大さじ1
  • しょうが(みじん切り)大さじ1
  • 青唐辛子(斜めにスライス)大さじ2(なければ、ししとうや甘長でも)
  • エシャロット(スライス)100g(なければ、タマネギで)
  • カレーリーフ15枚くらい(なければ省略)
  • レモン汁小さじ1
  • 塩小さじ1

【ホールスパイス】

  • フェンネル小さじ1
  • ブラックペッパー小さじ1(粗く砕く)

【パウダースパイス】

 

作り方

  1. フライパンにココナッツオイル、フェンネルを入れて中火で加熱する。
  2. フェンネルからプツプツと泡が出てきたら、弱火にしてにんにく、しょうが、青唐辛子を加えて軽くまぜる。
  3. エシャロットを加えて、出きる限り強火で炒める。色がついてきたら、徐々に火を弱めつつ、下の写真(すでにスパイス入ってますが)くらいまで炒める。

    f:id:Curry-Enghi:20180710213012j:plain

  4. 弱火にしてパウダースパイスと塩を加える。弱中火で粉っぽさがなくなるまで炒める。
  5. 鶏肉、水大さじ1程度を加え、蓋をして弱中火で炒める。何度かかきまぜつつ、鶏肉にほぼ火が通るまで。
  6. 蓋を開ける(おそらくフライパンの底に水分はあるが、底を覆うほどではない、という状態になっていると思います)。カレーリーフ、レモン汁、ブラックペッパーを加えてまぜる。やや強めの火で常にかきまぜつつ炒めて、水分をとばす。
  7. 食べる。

f:id:Curry-Enghi:20180710213843j:plain

 

パプリカが余っていたので、加えてみました。

 

注意点

  • 最終的にドライな仕上がりを目指します。鶏肉からどれだけ水分が出るかを注意して見ておく必要があります。多く出るようなら、途中で蓋を開けてかきまぜつつ炒める。
  • スパイシー、にんにくを利かせる、ややしょっぱめ、がおいしいと思います。容赦なくやりましょう。

 

食材について

  • 鶏肉→皮を取り除いて使います。好きなら皮付きでいいと思いますが、その場合はココナッツオイルの量を少し減らしたほうがいいかもしれません。
  • エシャロット→ベルギーエシャロットを使用。根らっきょうではない。なければタマネギで。
  • ターメリック→実は小さじ1/2入れましたが、1/4でいいと思います。
  • たまたま余っていたのでパプリカを加えましたが、なかなかイケました。他にもピーマン、にんにくの芽、ネギ、ニラ、にんにくを粒ごと入れる(笑)なども良さそうです。

 

辛いもの好き、酒好きな方には特におすすめ。

 

では、また書きます。

他のおつまみ系メニューはこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com