おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

南インドのキッチンから ~ チキンカレーのレシピ

今回は家庭料理としてのチキンカレーを紹介します。

 

南インド・タミルナドゥ州の一般家庭のチキンカレーがもとになっています。

 

特徴を簡単に挙げておきます。

  • 水を使わず、トマトと鶏肉の水分で作る
  • 日本人が持つ「カレー」のイメージに近く、馴染みやすい味
  • ライスに合う!

 

かなり日本人ウケしやすい味だと思います。

 

では、作ります。

 

材料(2~3食分)

f:id:Curry-Enghi:20180830224757j:plain
f:id:Curry-Enghi:20180830224818j:plain


トマトを撮り忘れています。

気付いたら、もう鍋の中でした。

 

【スパイス以外の材料】

  • 骨なし鶏もも肉、皮を取り除いて300g(骨付きなら500g)
  • サラダ油大さじ3
  • タマネギ200g(縦半分に割ってから更に縦に3等分し、繊維を断ち切る方向にスライス)
  • にんにく(すりおろし)小さじ1
  • しょうが(すりおろし)小さじ1
  • 青唐辛子1本(縦に切れ目を入れる)(なければ、ししとう小口切り)
  • トマト250g(粗みじん切り)
  • 塩小さじ1と1/4
  • ココナッツミルク大さじ1(なければ省略)

【ホールスパイス】以下をミルなどで挽いて粉末にする

  • クローブ3本
  • ブラックペッパー小さじ2/3
  • クミン小さじ1と1/2
  • フェンネル小さじ1と1/2
  • シナモン1cm×6cm

【パウダースパイス】

 

作り方

  1. 鍋に油を熱し、タマネギを入れて炒める。できるだけ強火で、写真くらいまで。

    f:id:Curry-Enghi:20180830225739j:plain

  2. 弱火にして、にんにく、しょうが、青唐辛子を加えてまぜる。
  3. ミルで挽いたスパイス、パウダースパイス、塩を加えて、弱中火で粉っぽさがなくなるまで炒める。
  4. トマトを加えて、木ベラなどで適当につぶしつつ、ほぼ崩れるまで炒める。

    f:id:Curry-Enghi:20180830230059j:plain

  5. 鶏肉を加えてまぜる。沸騰したら弱火で15分煮る。写真は15分煮た後。

    f:id:Curry-Enghi:20180830230218j:plain

  6. ガラムマサラを加えて、2~3分煮る。
  7. ココナッツミルクを加えてまぜる。
  8. 食べる。お好みで香菜をふる。

 

f:id:Curry-Enghi:20180830230406j:plain

 

注意点

  • タマネギはしっかりめに炒めますが、完全に茶色にはしません。完全に茶色になるまで炒めると、タマネギの味がかなりキツくなります。
  • かと言って、炒めが足りないとタマネギの甘味が出てしまうわ、水分は残るわで、締まりのない味になります。イメージ的には半分茶色になるくらい。
  • 水をまったく入れずに作ります。鶏肉からも水分が出るので、鶏肉を入れた後に少し様子を見ましょう。それでも水分が足りないようなら、そこで初めて水を足します。

 

食材について

  • 骨付きの肉でも作れます。その場合は500g、煮る時間も長くなります(40~50分)。骨付き肉のほうが水分量が少ないので、鍋の様子を見つつ必要であれば水を足します。
  • 鶏肉の皮を取り除いていますが、お好きなら皮付きのままで構いません。ただ、仕上がりが少しオイリーになります。
  • 南インドの肉カレーはフェンネルを使用するものが多いです。使い道に困っている方は是非(笑)。

 

では、また書きます。

関連記事はこちら。ケララのおかんの味もあります。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com