おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【インド料理レシピ】キャベツとひよこ豆の香ばし炒め

キャベツと豆で作る香ばしい炒めものを紹介します。

 

この記事は

The Food of India by Carol Selva Rajah & Priya Wickramasinghe

Published by Om books International, New Delhi, India

を参考にしてお送りします。

 

この料理について簡単に説明します。

  • このブログでの呼び名:キャベツとひよこ豆の香ばし炒め
  • 「The Food of India」での呼び名:Cabbage with Split Peas
  • 豆に加えて、クミン、マスタード、タカノツメ、カレーリーフ...と香ばしさを重ねて作る
  • カレーの副菜におすすめ

 

では、作ります。

 

材料

f:id:Curry-Enghi:20181001193931j:plain
f:id:Curry-Enghi:20181001193957j:plain

 

【スパイス以外の材料】

  • キャベツ400g(可食部、粗めの千切り)
  • チャナダル100g(皮をむいて半分に割ったやつ。水に2時間浸けた後、よく水を切っておく)
  • 油大さじ2
  • カレーリーフ7、8枚
  • 塩小さじ1/3

【ホールスパイス】

  • クミン小さじ2
  • マスタード小さじ1/4
  • タカノツメ2本
  • ヒング小さじ1/4(なければ省略)

【パウダースパイス】

 

作り方

  1. 広めの鍋に油、クミン、マスタードを入れて中火で加熱する。マスタードが弾け始めたら、タカノツメ、カレーリーフを加える。10秒ほど鍋を揺すり、油に香りを移す。
  2. チャナ・ダルを加えて5分炒める。やや色づいて香ばしくなるまで。

    f:id:Curry-Enghi:20181001195139j:plain

  3. 弱火にしてターメリック、ヒングを加えてまぜる。
  4. キャベツを加えてまぜる。蓋をして、お好みの柔らかさになるまで炒める。
  5. 塩を加える。
  6. 食べる。

 

f:id:Curry-Enghi:20181001195326j:plain

 

注意点

  • 使用する豆はチャナ・ダル。皮なし、半割タイプのものを使います(上の写真参照)。
  • 豆を香ばしく炒めること。

 

日本の食材を使うにあたって考えたこと

  • もとのレシピでは油大さじ3となっています。キャベツから水が出てベチャつく可能性を考慮して、油は大さじ2にしました。
  • 塩を最後に加えます。塩を加えることでキャベツから水分が出やすくなるので、最後に持ってきました。
  • 豆の量はもっと少なくてもよかったかもしれません。炒めているうちにキャベツのかさが減るので(日本のキャベツは水分が多く、かさが減りやすい)、想定よりも豆の比率が高くなりました。

 

とはいえ、これはかなり作りやすい部類の料理でした。

 

では、また書きます。

その他のキャベツ料理はこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com