おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

【ケララ料理レシピ】肉カレーとの相性抜群!キャベツのココナッツ蒸し炒め

南インドケララ州の料理、トーレン Thoran を紹介します。

 

トーレンの特徴を簡単に挙げておきます。

  • 蒸し炒めにする
  • 削ったココナッツの果肉、ココナッツオイルを使う
  • スパイスの使い方がシンプル
  • 野菜の他、エビや魚で作るトーレンもある

 

すでにキノコのトーレンを紹介済みですが、今回は定番中の定番、キャベツのトーレンを作ります。

 

キャベツは胃薬を名前になっているだけあって、胃を健康にする成分が多く含まれており、キャベツ自体も消化がいいんだそうです。

 

というわけなので、肉カレーの副菜としてもおすすめです。

 

材料

f:id:Curry-Enghi:20180715234326j:plain

 

【スパイス以外の材料】

  • キャベツ(芯を除いて)400g(粗みじん切り)
  • ココナッツオイル大さじ2(なければサラダ油で)
  • しょうが親指大(みじん切り)
  • 青唐辛子1本(縦に割って種を取り除き、細かく切る)(ししとうでも)
  • カレーリーフ10枚くらい(なければ省略)
  • タマネギ100g(みじん切り)
  • 塩小さじ1/2
  • ココナッツファイン20g

【ホールスパイス】

【パウダースパイス】

 

作り方

  1. 広めの鍋にココナッツオイルとマスタードシードを入れて中火で加熱する。
  2. マスタードシードが弾け始めたら、弱火にしてカレーリーフ、しょうが、青唐辛子を加えて軽くまぜる。
  3. タマネギを加える。できるだけ強めの火で透明になるまで炒める。写真のタマネギがなぜ黄色いかというと、タマネギを入れる前に間違えてターメリックを入れちゃったからなんですよ。おかげでまったく参考にならない写真になっています。

    f:id:Curry-Enghi:20180715235126j:plain

  4. 弱火にして、ターメリックを加えてまぜる(ここです、ここで加えましょう)。実は先に加えても仕上がりに影響はなかったんですが。
  5. キャベツを加える。ターメリックの色が全体に行き渡るようにまぜ、蓋をして弱火で蒸し炒めにする。炒め加減はシャキシャキからしんなりまで、お好みで。筆者は「しんなりし始めるくらい」が好きです。
  6. 火を止めて、塩とココナッツファインを加えてまぜる。
  7. 食べる。

 

f:id:Curry-Enghi:20180715235749j:plain

 

注意点

  • タマネギを炒めすぎないこと。この料理に関しては、タマネギに色をつけず、甘味を出します。
  • キャベツから水分が多く出てベチャベチャになるのを防ぐため、塩は最後に入れます。多少ネチャついてても、最後に加えるココナッツファインが水分を吸収してくれます。

 

食材について

  • キャベツ→粗みじん切りが面倒なら、粗めの千切りでも。
  • ココナッツオイル→なければサラダ油でも構いませんが、ココナッツオイル推奨。シンプルなだけにオイルの香りが利いてきます。
  • ココナッツファイン→ココナッツの果肉を削って乾燥させたもの。本来は生のココナッツの果肉を削ったものを使います。

 

特にケララの肉カレーと合わせるのがおすすめです。

では、また書きます。 

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com