おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

南インド・ケララ州の料理がおいしいホテル ~ Brunton Boatyard

ケララコーチンにある高級ホテル、Brunton Boatyard のレストランのご紹介です。

 

例によって、宿泊すると1泊ウン万円レベルのホテルですが、宿泊客でなくてもレストランを利用することはできます。

 

こちらのホテルは以前にご紹介したCoconut Lagoon と同じく、CGH Earth というグループが経営しています。

高級ホテルというと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、こちらのホテルは接客が丁寧でいてフレンドリー。いまだにCGHのホテルなどでストレスを感じた経験がありません。

 

インドにいることを忘れさせてくれる空間がここにはあります。

 

...って、あかんやろ!

インド料理のためにケララに来ていることを忘れていました。

 

もともとは造船所だったのです

このホテル、その名のとおり元は造船所の建物だったそうです。

エントランスにはでっかいオールみたいな物体が...。お船のパーツでしょうか。

f:id:Curry-Enghi:20180424193547j:plain

 

ロビーはこんな感じ。もはや「ロビー」って感じでもない。

f:id:Curry-Enghi:20180424193755j:plain

 

中庭。

錨が置いてあります。

f:id:Curry-Enghi:20180424193848j:plain

 

レストランは2階へ

飲食できる場所はホテル内に2箇所ありますが、今回は2階にある「History」というレストランを紹介します。

 

料理の写真だけですが...

まずジンジャーライム。その名のとおりジンジャーが利いたライムジュース。

f:id:Curry-Enghi:20180424194156j:plain

 

イカジュース。インドにもスイカはあります。ほぼ日本のものと同じ味です。

f:id:Curry-Enghi:20180424194252j:plain

 

ラッサム3種。グリーンマンゴー、トマト、レモン。

どうやって作るんでしょうか。

f:id:Curry-Enghi:20180424194421j:plain

 

Vypeen Crab Soup

Crabの味と香りが素晴らしい。ニオイだけでパンを食べれそうです。

Brunton Boatyard に来たらマストな一品。

f:id:Curry-Enghi:20180424194616j:plain

 

Meen Moilee

モイリー、モーリー、モーレなどいろんな呼び方を聞きます。ケララの代表的料理のひとつ。ココナッツミルク、カレーリーフ、シーフード。その土地で当たり前に手に入るものを使ってシンプルに仕上げる...日本における魚の煮付けに通じるものを感じます。いつかMoileeもこのブログでご紹介したい!

f:id:Curry-Enghi:20180424195030j:plain

横に付いてるのはappamです。米の粉、ココナッツミルクで作るクレープみたいなもの。おいしいappamは、外側パリサク、真ん中ふっくら、です。

 

Duck Pot Roast

ダックのロースト。って、そのまんま。

f:id:Curry-Enghi:20180424195449j:plain

 

Pork Roast

豚肉のロースト。またしても、そのまんまな説明。

豚肉が出てくるのはケララがクリスチャンの多い地域だから、というのもあるでしょうが、ここが外国人観光客向けのホテルだから、という事情もありそうです。

色づかいがビミョーな盛り付けです。

f:id:Curry-Enghi:20180424195804j:plain

 

Vattalappam 

Jaggery(椰子から作る精製されていない砂糖)とココナッツミルクで作るプリンみたいなデザート。以前にご紹介したCoconut Lagoon でも食べましたが、こっちのほうがやや食感がしっかりしており、甘さ控えめ(あくまでCoconut Lagoon と比べてという意味で、やはりインディアンスイーツの甘さです笑)。

f:id:Curry-Enghi:20180424200130j:plain

 

モノのわりに値段はさほどでもない

いま確認できる範囲ですが、ラッサム3種は300ルピー、Crab Soup は400ルピーでした。2018年4月現在、1ルピーは約1.6円なので...日本で言うところの「高級レストラン」というほどの値段にはならないですね。

 

接客も丁寧さと適度な緩さを兼ね備えているので、快適にリラックスして過ごせます。

 

以前にはヨーロッパの方なのか、おにいさんが1人でフラっと入ってきて、サクっと食べて出て行きました。こんなとこに外国人1人で来るとは、かなりのグルメと見た!

 

そんなことができてしまう雰囲気がある...ということですね。

 

実は、私も一度だけ1人で入ったことがあります。なにげに「私はかなりのグルメだ」と自己申告したことになっています。

 

同じグループが経営するリゾート施設のご紹介はこちら。

では、また書きます。

curry-enghi.hatenablog.com