おいしいウソをついて ~ インドカレーのレシピ公開中

インド料理のレシピ、旅行記などを書いています。南インド・ケララ州のネタが多いです。

ブログは移転しました。 約3秒後に自動的に移転先へ遷移しますのでお待ちください。

自動的に切り替わらない場合は以下のURLをクリックしてください。

【インド料理レシピ】衣なしで作るスパイシーな「揚げ鶏」

南インドケララ州の「揚げ鶏」を紹介します。

 

正式な料理名は知りません(笑)。

ただ、まあ「揚げ鶏」という言葉がしっくりハマると思います。

 

コンビニとかでありそうな味です。

 

では、作ります。

 

材料と作り方

各工程ごとに材料と作り方を書いていきます。

 

1.鶏肉をマリネする

【以下をまぜまぜして、冷蔵庫に2時間置いておく】

  • 鶏もも肉、皮を取り除いて500g(唐揚げの2倍くらいの大きさに切る)
  • カシミリチリパウダー小さじ2(なければカイエンペッパー小さじ1)
  • ターメリック小さじ1/3
  • ブラックペッパー(ホール)小さじ1/3
  • クローブ2本
  • シナモン1cm×5cm
  • にんにく(すりおろし)小さじ1/2
  • しょうが(すりおろし)小さじ1/2
  • 塩小さじ1/2
  • タマネギ100g(ざく切り)
  • カレーリーフ10枚くらい(なければ省略)
  • 酢大さじ1

f:id:Curry-Enghi:20180820204020j:plain

 

2.鶏肉を煮る

  1. 鍋にマリネした材料すべてと水80ccを入れて、蓋をして中火で15分煮る。
  2. 鶏肉を取り出す。

 

3.エシャロットと鶏肉を揚げる

  • エシャロット30g(スライス)(なければタマネギ)
  • 取り出した鶏肉
  • 揚げ油(鶏肉が8割浸かる程度あれば十分)
  1. 揚げ油を熱して、エシャロットを揚げる。できるだけ強めの火で、色が変わってくるごとに徐々に火を弱める。余熱でも色が付くので、「もう少し色を付けたい」くらいで上げる。
  2. つづいて、鶏肉を揚げる。煮たときに火は通っているので、表面がこんがりする程度。

    f:id:Curry-Enghi:20180820205055j:plain

 

4.煮汁を濾して鶏肉を合わせる

  1. 網ざるなどで鍋に残った煮汁を濾す。

    f:id:Curry-Enghi:20180820205558j:plain

  2. 濾した煮汁と揚げた鶏肉を合わせる。
  3. エシャロットをトッピングにする。
  4. 食べる。

 

f:id:Curry-Enghi:20180820205525j:plain

 

注意点

  • 鶏肉を煮るときに水を入れすぎないこと。鶏肉からも水分が出ます。
  • コンビニにありますよね、こういうの。ええのか、悪いのか。

 

食材について

  • 骨なしもも肉を使用しましたが、丸鶏が使えるなら是非。
  • カシミリチリ→赤色が鮮やかで、あまり辛くない唐辛子。インド食材店へ行くとたまに置いてあることがあります。なければ、カイエンペッパーで。

 

疑問点

  • 実は、ケララで見たこの料理はこんな感じなのです(写真の写真)。

    f:id:Curry-Enghi:20180820210315j:plain

  • ソースの濃度が高い。赤色が鮮やか。一方、自作したヤツはソースがシャバい。なぜこんなにも違うのか、原因はナゾです。鶏肉の性質が違うとは言っても、そんなドロドロの煮汁が出てくるのは思えないし。
  • いっそのこと、揚げたエシャロットをバリバリに砕いて細かくし、ソースに入れて煮ちゃったらどうだろう、と思うのですが。濃すぎるか?

 

気が向いたらやってみます。

 

やらないかもしれません。

 

では、また書きます。

おつまみにもなりそうです。他のおつまみ系メニューはこちら。

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com

curry-enghi.hatenablog.com